生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 毛布にカバーをかける時のコツ

毛布にカバーをかける時のコツ

2011年11月07日作成

 views

はじめに

毛布カバーを洗濯した後など、毛布にカバーをかけるのって面倒ですよね。そこで毛布にカバーをかける時のコツを紹介します。

やり方

STEP1

まずはじめに、毛布カバーのファスナーを全開にし、毛布カバーは裏返しにします。

STEP2

ファスナーが付いてない側から、カバーの紐と毛布とを結びます。紐は2箇所または3箇所あると思いますので、ファスナーが付いてない側は全て結びます。

[check:紐が付いていないカバーの場合は紐の代わりに輪ゴムで角を縛るとよいです。(この場合、カバーの表を輪ゴムで縛り、最後に外します。)
]

[image:/r/20111106/handwrite_4eb69cd970ecb.png]

STEP3

裏返しになっている毛布カバーを表に返しながら毛布にカバーをかけていきます。
[image:/r/20111106/handwrite_4eb6980b482cb.png]

STEP4

毛布にカバーがすっぽりとかかった状態になったら、今度はファスナー側の紐を全て結びます。ファスナーから毛布の角を引っ張り出すようにすると結びやすいです。ファスナーを閉めたら完了です。

おわりに

毛布カバーは外したりかけたりするがの面倒ですが、マメにお洗濯したいですよね。カバーを外す時はこの逆をやればOKです。裏返したまま洗えばかける時にわざわざ裏返しにしなくてもそのままかけることが出来ます。

今まで、毛布カバーに潜り込んでカバーの紐を結んでいた方は時間と労力の短縮になりますので、ぜひ試してみて下さい。

本記事は、2011年11月07日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る