生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 女性向け!男性への理想を低くするヒント

女性向け!男性への理想を低くするヒント

2011年10月31日作成

 views

「どんな人がタイプ?」とはよく聞く質問ですよね。まあ、好きな異性のタイプは人それぞれいろいろあります。ルックス、性格、経済面などなど。理想のタイプなど、あげたらきりがないものです。

でも、現実問題、その「理想の王子様」との出会いを本当に求め続けていたら、永遠に彼氏なんかできないのです。自分に短所があるように、男性にだって短所の一つや二つあります。だめなところも含めて「好き」と思えるのが本当の愛情かもしれません。

「そんなこと言っても、理想のタイプじゃないと好きになれない!」という人もいるでしょう。でも、ほんのちょっと角度を変えて相手のことを見てみると、「そう悪くない」といった風に思えるかもしれませんよ?ということで、男性への理想を低くするヒントを紹介します。

目次

ヒント1:自覚せよ!早めに当たって砕けてみる

どうしても「理想のタイプの男性」に固執してしまうあなた。一度、理想の男性にアタックしてみては?あなたの恋愛テクニックを駆使して(恋愛マニュアルで仕入れた方法でもなんでもかまいません)、「ちょっと無理め…でも理想にぴったり!」という男性にアプローチしてみるんです。

いわゆる「当たって砕けろ戦法」です。当たって砕けるなら、早い方がいいです。自分の気がすむまで、理想のタイプの男性を見つけたら、かたっぱしからアタックしてみましょう。もし上手くいけばそれはそれでOKです!幸せになってください!

でも無残に砕け散りまくってしまった人は、「理想のタイプってなに? 私には他のタイプがあってるのかも…」と身にしみて思うことでしょう。

大事なのは自覚すること。自分に合っている人を探そう、という気になれたら、自ずと理想は低くなるはずです。

ヒント2:異性の友達に相談してみる

自分では、自分にあった男性のタイプって分からないもんです。それは客観的に自分を見ることが難しいからです。ですから、他人に相談してみるのもひとつの手です。

でもここで注意。恋愛経験が少なく、嫉妬深い同性の友達なんかに相談したら、見当違いのアドバイスを受ける可能性が大です。相談するのにも相手をよく見てからしましょう。

おすすめなのは、男友達です。女性と長期間付き合った経験がある、親切で知的なタイプの人が理想的です。そんな男友達ならば、あなたの性格を知ったうえで、あなたにあいそうな男性のタイプを教えてくれるでしょう。

「もし私にあいそうな人がいたら紹介してもらえる?」とでもお願いしておくとベストです。友達が紹介してくれる人ならあなたのことをよく知っている分、全くあわない人は紹介されないでしょう。

ヒント3:とりあえずアプローチしてきた男性とは友達になってみる

「タイプじゃないから」と、せっかくアプローチしてきた男性をすぐにシャットアウトしたことはありませんか?相手の気に入らないところってすぐに目につきやすいですよね。それで「恋愛対象外決定!」なんてことになりがちです。

でも、気に入らないところは直してもらえるかもしれませんよ?相手はあなたに好意をもっているんです。そういう男性はあなたに好かれるためなら、あなたの希望を尊重してくれる可能性大です。もちろん、すぐに付き合うことは難しいでしょう。ですから、友達からはじめてみるんです。

友達として食事をしたりお酒を飲んだり遊びに行ったりしてみるんです。そうやって一緒に過ごして、話をし、お互いのことをよく知っていくことで、「案外いいひと」「一緒にいると楽しい」「好きかも」なんてことになることもあります。

もちろん、友達として付き合っても「やっぱりダメ」という時もあるでしょう。その時は、告白されたら「友達としか思えない。ごめんなさい」とはっきり断りましょう。

でも、一度友達として、相手のことをよく知ってみることは悪くないと思いますよ。

おわりに

時間がたつのはあっという間です。理想を高く持ち過ぎて、「気づいたらずっと一人ぼっち…」というのは悲しすぎます。一度、理想を捨ててしまってはどうですか?そうすれば楽に相手と向き合うことができますよ。

理想は幻想かもしれません。現実の世界で人間同士付き合っていくにはきれいごとだけでは長続きしません。

あなたが困っている時に離れずに手を差し伸べてくれる人かどうか。本当はこれが一番大事なことじゃないかと思います。

(Photo by http://www.ashinari.com/2011/03/11-345807.php

この記事で使われている画像一覧

  • 20111031172607

本記事は、2011年10月31日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る