生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon childcare育児・教育

  1.  
  2.  
  3. 子供に見せたいおすすめ映画5選〜小学校高学年編

子供に見せたいおすすめ映画5選〜小学校高学年編

2013年03月08日更新

 views

お気に入り

はじめに

私が映画好きなので、我が家はよく映画を見に行きます。

実際に子どもたちと一緒に見て、よかったなぁという映画を紹介します。子供に見せたいおすすめ映画5選〜小学校低学年以下編に続き、今度は小学校高学年向けの映画を紹介します。

基本的にネタバレしないように紹介します。

ポイント

小学校高学年ともなると、単純なストーリーだけではなく、どんでんがえしがあったり、少しひねった内容のものがよかったりします。また、比較的長い映画でも最後まで見ることができるようになります。

そこで、ここではそのような点を考慮して選択しました。なお、我が家では、子どものうちは勧善懲悪もの以外はあまり見せたくないという妻の考えを尊重しているため、正しいものが馬鹿を見るような、世の中の厳しさを教えるような映画は今回はありません。

そちらは(書けたらですが)もっと上の年代向け映画で紹介するつもりです。

子供に見せたいおすすめ映画5選〜小学校高学年編

ハリー・ポッターシリーズ

言わずと知れた超ベストセラーの映画版。伏線がたくさんはってあって、それに子どもたちが気づいてうれしそうに私に説明してくれました。大人から見るとわかりやすい伏線ばかりなのですが、子どもたちが映画を注意深く観るようになったきっかけとなった映画でした。

パイレーツ・オブ・カリビアン・シリーズ

18世紀のカリブ海が舞台の海賊たちによるアクション・アドベンチャー。海賊というとならず者というイメージですが、ディズニーものなので安心感のある内容です。子どもたちもとても楽しそうに見ていました。

ミセス・ダウト

ロビン・ウィリアムスが好きで、どれを子どもたちに見せようかと考えるとやはりこれでしょうか。たくさん笑えて、そして親子の愛情を感じることができる映画です。

スタンド・バイ・ミー

この映画は基本的に男の子向きです。「男子三日会わざれば活目して見よ」という言葉がしっくりくる映画です。
以下のセリフがこの映画を物語ります。

「たった2日の旅だったが、町が小さく違って見えた。」

「あの12才の時のような友だちはもうできない。もう2度と......」

若草物語

男の子向けが1本入ったので、女の子向けを一本。見せたのはウィノナライダー主演の1994年版です。妻が原作が大好きで娘にも読ませていたのですが、映画も一緒に仲良く見ていました。私と息子は途中で退屈してしまったのですが、母娘は感動してみていました。

おわりに

この年代くらいから、男の子と女の子では見る映画がやや異なってきますね。

私は男なのでやはり「スタンド・バイ・ミー」に思い入れがあります。男の子で12歳前後になったら、一度見せておくべき映画だと思います。そして、大人になって再度、見てもらいたいなと思います。

本記事は、2013年03月08日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る