生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 欧米人男性に聞いた!男ウケのよくないハロウィン衣装5選

欧米人男性に聞いた!男ウケのよくないハロウィン衣装5選

2011年10月20日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

元々は欧米の文化だったハロウィンですが、近年日本でも季節のイベントとして楽しむ人が増えています。可愛らしく仮装した子供たちによる「トリック オア トリート!」の行列も微笑ましいですが、大人同士で盛り上がる仮装パーティーも楽しいもの。日本人も外国人も集まってみんなでワイワイ、国際的な集まりになることもあるでしょう。

今回はハロウィンでの女性用コスチュームについて、筆者の周りの外国人男性たちからの率直な感想をご紹介します。以下の点を押さえて衣装を選べば、もしかしてハロウィン後には素敵な外国人彼氏をゲットできているかも!?

その1:着ぐるみ

「幼児じゃないんだから!」「セクシーじゃなさすぎる!」との意見多し。赤ん坊に着ぐるみコスチュームを着せることはよくありますが、自分で着ちゃう女性は欧米にはあまりいないかも。ユーモアがあるのは大変良いことですが、残念ながら女性に身体を張ったウケ狙いを求める男性は少ないようです。

着ぐるみコスチュームは赤ちゃんのもの!子供っぽすぎるのは×

その2:超マニアックなアニメキャラのコスプレ

コスプレ願望があっても普段思い切って着る機会のない人にとっては、ハロウィンは好きなコスチュームを着ることのできる絶好の機会です。是非思いっきりエンジョイしてください。ただ、あまりにマニアックなものは日本人・外国人に関わらず一般男性ウケが悪い可能性あり。

日本に好意的な外国人にアニメ好きが多いのは事実ですが、「それは何のキャラ?」と聞かなければ、さらに悪いことに答えを聞いても全く分からないようなマニアックな衣装を着てしまうと「オゥ、オターク・・・」と引かれてしまうかもしれません。

アニメに興味がなさそうな人に対しては一般的な返答ができる内容のもの(巫女さんや女子高生等)にとどめておくのが賢明かも・・・

その3:普段着(仮装をしてこない)

「ノリが悪いよ!せっかくパーティーに来るんだから、楽しまないと!」と思う人が多いようです。仮装なんて何着たら良いかわからないし恥ずかしい・・・という女性もいるかもしれませんが、とんがり帽子や猫耳、尻尾などのちょっとした小物を用意するだけでも雰囲気は味わえます。

ハロウィンパーティーでは特に、衣装ネタから会話が発展して初対面の人とでも仲良くなれることもよくあります。せっかくパーティーに参加するのだったら思い切ってご自分も仮装してみては?きっと楽しいですよ。

どうしても衣装はちょっと・・・というシャイなあなたは小物だけでも用意してみよう!

(Photo by http://www.ashinari.com/2009/04/17-017209.php

その4:本格的なメイク付きでのホラーな衣装

「あまりに良くできてると、感心はするけど・・・」「子供が泣いてしまうほど本格的なのはちょっと。」その心意気とメイクは称賛に価するものの、目の保養になる訳ではないのが残念なようです。「全く仮装していない人と比べたら、こっちのほうが友達になるには断然面白そうだけどね!」との意見も。

モテたい人にはおすすめしませんが、注目を浴びたい人や友達をたくさん作りたい人には良いかも?

その5:露出は高すぎても低すぎてもNG

欧米人男性は基本的に、一般的な日本人男性と比べて女性に分かりやすいセクシーさを求める傾向にあります。胸の谷間や脚のチラ見せはもはや必須と言っても過言ではないでしょう。ただ、日本にいる外国人男性の場合大抵は日本でのTPOも理解している(欧米諸国に比べて露出は控えめ)ので、あまりに過激な露出は一夜限りの遊びの関係を求めていると誤解される危険があります。

あなたが外国にいる場合でも時と場所によっては身に危険が及ぶ場合も多々ありますので、過度な露出は控えておいた方が無難かもしれません。

適度な露出で健康的なセクシーさをアピールしましょう!

おわりに

以上のポイントを押さえていくと、いかに欧米人男性が女性に「目の保養」を求めているかお分かりになると思います。もちろん、目に美しいものを日本人男性が嫌う理由もありません。あなたの魅力を最大限アピールできるコスチュームを身につけて、今年のハロウィンパーティー会場では熱い視線を一人占めしちゃいましょう!

欧米人男性にとって大事なのはセクシーさ。どうせやるなら思い切りよく、華やかに!

本記事は、2011年10月20日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る