生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon childcare育児・教育

  1.  
  2.  
  3. 気づいたら、こどもが寝てる魔法の方法

気づいたら、こどもが寝てる魔法の方法

2013年10月30日更新

 views

お気に入り

はじめに

今日は、お昼寝短かったし、お外でいっぱい遊んだし。。。

きっとすぐに寝てくれる。。。はず。。。だったのに!!

ってことありませんか?

今回ご紹介する方法は、「気づいたら、子どもが寝ていた!!」「楽して親子がじっくり寝られる!」という、とっておきの方法です。

用意するもの

  • 自分
  • こども
  • ゆったりした気持ち

やり方

STEP1

こどもと一緒に(横で)寝る

STEP2

自分が先に寝入ってしまう。

ゆったりした気持ちがないと、寝入れません。そういった場合は赤ちゃんにも伝わってしまいます。まず親がゆっとりした気持ちを持ちましょう。

ポイント

ポイント1

先に寝てしまうべし!!

私は、いつも、こどもより先に寝ています。自分の時間は朝に持ちましょう!

ポイント2

寝る前の習慣はつけておく

うちの場合↓

  •  幼児   :寝る前に絵本を2冊読む
  •  あかちゃん:「おつきさまこんばんわ」を読んで、おしりをリズムよくトントンたたく

習慣づければ、「これをすれば寝る」という法則が生まれます。根気強く習慣づけることがコツです!

おわりに

こどもを早くねかしつけて、ネットしようとか、用事しようとか、あせる気持ちが伝わってしまう気がします。

自分時間は、早めに起きて作る」 これがポイントです!

(Photo by http://www.flickr.com/photos/xlibber/2876297338/)

この記事で使われている画像一覧

  • 20100730183939

本記事は、2013年10月30日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る