生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 花火大会を満喫する方法(事前準備編)

花火大会を満喫する方法(事前準備編)

2013年11月01日更新

 views

お気に入り

はじめに

恋人と、家族と、友人たちと…。夏の暑い季節には花火大会へ行く方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

人気の高い花火大会で気をつけたいのがあまりの混雑で、携帯電話がつながらなくなること。仲間にも会えない、会場もわからない…ということにならないよう、事前にいくつか確認をして楽しい花火大会にしましょう!!

花火大会に持っていくと便利なものをまとめた、花火大会を満喫する方法(持ち物編)も併せてご覧ください。

花火大会の場所と時間

当然ですが花火大会の場所と時間を確認しましょう。

地図や情報はプリントアウトする

会場までの地図を携帯電話で調べようとしてもネットに繋がりにくい事があります。地図や開始時間などは印刷をするか、画面メモに保存していきましょう。

最寄りの駅、帰りの駅

最寄駅が大変混み合います!行き帰りに隣駅を利用したほうがスムーズになることもしばしば…。最寄駅以外の駅も事前に調べて歩けそうな時はそちらを利用しましょう。

駅がすいてから帰るという方法もあります。その時は終電を調べておきましょう。

待ち合わせ場所と時間

花火大会当日は、駅構内での待ち合わせを禁止しているところも多くあります。また、すごい混雑で改札を出るだけで5分以上かかるなんてことも…

待ち合わせ場所は、最寄駅以外の場所

友人同士ならみんなが乗り換えに使う駅を指定しましょう。恋人同士ならどちらかが相手を迎えにいってもいいですよね。

会場まで行く方法が1つしかない時、ターミナル駅もとても混みあいます。ホームで待ち合わせるのは危険なので改札や駅の外で待ち合わせましょう。

早めに集合することを心がける

花火大会の開始時間が近づけば近づくほど、駅も会場も混みあいます。余裕をもって会場につけるように早めの集合が出来るように心がけましょう。

はぐれた時の集合場所

上述のとおり、携帯電話がつながらなくなる事があります。はぐれた時にあまり心細くならないように、事前に確認しておきましょう。

お子さまと一緒の時は…

花火大会が開始する前にお子さまと一緒に集合場所を確認しておきましょう。お子さまが覚えやすいような目立つ場所がいいでしょう。

大会によっては、運営委員会のテントで迷子を預かってくれるところもあります。迷子放送をしてもらえる時もあるので行く前に確認しておきましょう。

お互いの恰好を忘れないように、会場に着く前に写真をとっておくといいかもしれません。

仲の良い友人たちと行く時は…

集合場所はもちろんですが、何時までに会えなかった場合は各自帰るというリミットを決めましょう。誰かが勝手に帰って、ほかの人がひたすら待ち続けるという事態は避けましょう。

トイレの場所

人が多ければ、当然トイレも混み合います。大会によっては仮設トイレを設置してくれるところもあるので、何箇所か調べていきましょう。

出来ることなら最寄り駅に着く前に、お手洗いは済ませておきましょう。

屋台やコンビニの場所

どうせ花火大会に行くなら、お祭り気分も味わいたいものです。屋台は出てるけど対岸だった!なんてことがないように確認しましょう。

また熱中症などにならないためにも水分補給はこまめにしましょう。必要な時に飲み物が買えるように周辺のコンビニを調べてから行くと便利です。

おわりに

携帯電話は本当につながらなくなります!携帯電話での待ち合わせに慣れていると焦ります!途中合流の人がいるときは特に気をつけて下さい。

小さなお子様と一緒の場合も、彼氏彼女と一緒に行く場合も、はぐれないようにしっかりと手をつないでいましょう。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100728152328

本記事は、2013年11月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る