\ フォローしてね /

覚えておくと地味に便利なラッピング方法の基礎5つ(動画あり)

大切なあの人にプレゼントを送るとき、せっかくならお店の名前入りの包装紙ではなく、自分で選んだかわいい紙を使って、素敵にラッピングしてみたいですよね。その方がきっと相手も喜んでくれるはずです。今回は、誰かにプレゼントを送る際に覚えておくと便利なラッピングのやり方を5つご紹介しています。動画でご紹介していますので、誰でも簡単に覚える事が出来るかと思います。ぜひお試しください!
nanapi
  • こんなときに!

    手作りのプレゼントを自分で包装するとき。好みの包装紙でラッピングしたいとき。

  • ここが便利!

    静止画だとわかりにくい「包み方」を動画で確認しながら自分でもできる。

プレゼントをあげるとき、買ったお店で「ギフト用」「プレゼント用」とお願いするとラッピングをしてくれますが、お店によっては包装紙の種類が少なかったり、有料だったりと残念なときがあります。

そんなときは、自分でラッピングをすることで、よりイメージ通りのプレゼントにできるかもしれません。覚えておくと役立つラッピング方法を5つ、動画と共に紹介します。

1:キャンディ包み

YouTubeで見る

「キャンディ包み」とは、包みたいものの大きさに合わせて包装紙を選べば、どんな大きさのプレゼントでも包むことができるラッピング方法です。

2:マチ付き紙袋

YouTubeで見る

「マチ付き紙袋」とは、包装紙を切り貼りしてつくる、マチ付きの紙袋です。マチとは、底の厚みの事です。マチ幅を調整することで、プレゼントの大きさにあったラッピングが可能になります。

3:スクエア包み

YouTubeで見る

「スクエア包み」とは、ラッピングするものを紙の中心に斜めに置き、4つの角からそれぞれの紙を立ち上げて包む方法です。中身がひっくり返せないものや高さのあるものを包むときに便利です。

4:キャラメル包み

YouTubeで見る

「キャラメル包み」とは、もっとも基本的なラッピングの仕方です。角をきっちり折りこみ、箱の淵に合わせて折り目をつけて仕上げるときれいにできます。

5:たとう包み

YouTubeで見る

「たとう包み」とは、タオルなどの平たいものを包む際に便利なラッピング方法です。折り紙を折る感覚でできるのでお手軽です。

包むときのポイント

一見難しそうに見えても、ここで紹介したものは初めてでも簡単にできるものばかり。それでも不安な方は、新聞紙などの不要になった紙を使って練習し、感覚をつかんでみてください。

早く折る必要もないので、丁寧にゆっくりやれば、きっとキレイに仕上がりますよ。包装紙も季節や相手の好み、プレゼントの中身に合わせて手芸用品などで購入すれば、より心のこもったものなるでしょう。

少しの手間を加えることで、もらう相手を喜ばせることができるかもしれません。いざというときのために知っておきたいですね!

Twitterで紹介!

(image by amanaimages)
(image by nanapi編集部)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。