\ フォローしてね /

恒星スペクトル型配列の覚え方

中学時代、高校時代、大学生時代…試験勉強は大変でしたか?

今回は理科天文分野「恒星スペクトル型配列」の覚え方をご紹介します。試験や受験勉強に励むお子様がいらっしゃるかたは、そっと教えてあげると喜ばれるかも知れません。

恒星スペクトル型とは?

簡単にいうと、恒星を表面温度によって分類する指標となる型です。温度の高いほうから「O型」「B型」「A型」「F型」「G型」「K型」「M型」と7つの型に分けられています。

詳しくは、下記URLをご参照ください。

配列の覚え方

さっそくですが、覚え方です。

Oh Be A Fine Girl, Kiss Me!と呪文のように、唱えて覚えて下さい。

単語の頭の文字(大文字になっている部分)が、スペクトル型の配列に対応しています。

日本語では「あぁ!素敵な女の子になって、キスをして!」と訳せます。ずうずうしい人ですね(笑)

私は「Kiss」ではなく「Kick」で習いました。Kから始まるお好きな動詞で覚えて下さいね。

おわりに

この記事を書いて思ったのは、今から覚えるという需要よりも『ねぇこれ覚えてる?』と聞くネタとしてのとしての需要のほうが多いだろうなということです。

学生時代にならった事などのちょっとした話題は共通性があるので、意外と盛り上がりますよね??そんな1ネタとしてご利用ください。

もちろん、ご自身・ご家族が受験試験勉強中のかたは是非覚えて下さいね!

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。