生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 男運が悪い自分から脱却する方法

男運が悪い自分から脱却する方法

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

「私って男運が悪い・・・」

付き合っていた男性に浮気された、暴力をふるわれた、働いてくれない、など、ダメな部分に気づいたら誰もがそう思うでしょう。しかも、付き合う男がみ~んな同じようなダメ男だったら?自他共に認める「男運悪い女」になっちゃいますね。

「なんで男運が悪いんだろう?あの子の彼はあんなにいい人なのに、私はなんで?」そんな、悩める男運の悪いあなたへ、男運の悪さから脱却する方法を教えちゃいます。

男運が悪い自分から脱却する方法

STEP1:ダメ男のダメだった部分を明確にする

「男運」と、「運」のせいになっていますが、果たして「運」だけが原因でしょうか?もちろん、たまたま「悪い男、ダメ男」に知らずにひっかかってしまうこともあるでしょう。しかし、付き合う男が全て似たタイプのダメ男だとしたら、あなた自身がダメ男を選んでいるか、ダメ男にしてしまっているのかもしれません。

ダメ男ばかりと付き合っている、という女性は、そのダメ男のタイプやダメな部分を紙に書いてみてください。どんな風にダメな男だったか一目瞭然になるはずです。

あなたは今まで「ダメ男」と付き合ったにも関わらず、そのことを忘れ、また同じダメ男と付き合っている。つまり、過去から学んでいないのです。学習していないのです。それでは同じことを繰り返しても無理はありません。

紙に書きだしてみたダメ男のタイプをよく頭に叩き込んでみてください。そして、その男を選んだのが自分自身であることを自覚してください。

STEP2:自分にあう男性のタイプを明確にする

ダメ男を選ばないことを決意したら、今度は、どんな男性が自分にあっているのか冷静に考えてみましょう。あなたが将来、どんな風になりたいかも一緒にイメージしてみてください。

あなたが寂しがり屋なら、マメで家庭的な優しい男性がいいでしょう。優柔不断なところがあるなら、リードしてくれるしっかりものの男性がいいですね。と、自分にあっている男性のイメージやタイプを明確にしてみましょう。

自分らしくいられる、素の自分がだせる男性が一番です。そして、あなたを良い方向へ導いてくれる男性を選ばなくてはいけませんよ。

「私がなんとかしてあげないと!」と思ってしまう男性より、「この人と一緒にいたらきっと幸せになれる」と思える男性を選びましょう。

STEP3:他人の意見を聞き入れる

ダメ男と何度も付き合っていると、周囲の人に「またか」と呆れられたことがあるかと思います。また、友達や家族に「あの男はだめだからやめておきなさい」とアドバイスを受けたこともあるでしょう。

でもそんな時、あなたはどうしました?

「ほっといてよ。あの人は悪い人じゃない。いいところもいっぱいあるんだから!」と周囲の意見を聞き入れなかったのではないですか?そうです。ダメ男を選ぶ女性は周囲の意見を聞きません。むしろ、周囲のマイナス意見に食ってかかり、彼を擁護してしまいます。

他人の意見というのは結構大事なものです。自分のことだとよくわからないけれど、他人のことならよくわかる、といったことがありますよね。

いくらダメ男と関わらないようにしようとしても、選んだ男性がダメ男がそうじゃないか判断がつかない時もあるでしょう。また、「同じダメ男を選んでるんじゃないか?」と不安になる人もいるでしょう。

そんな時は一人で悩まずに、周囲の意見を聞いてみましょう。他人なら大体、良いか悪いか一目でわかるはずです。

もし「ダメだよ、あれは」と言われたら、そのダメな部分を冷静に聞いて考えてみましょう。それが腑に落ちるようだったら、別の男性を探してみてください。

おわりに

誰しも、ダメ男にひっかかった覚えがあるはずです。恋を覚え始めた頃は、うまくいかないことも多いですよね。でもほとんどの人が過去の失敗を繰り返さないようにして、良い男性を選び、幸せになります。それができないと、ダメ男を選び続け、「男運が悪い女」になってしまいます。

幸せになるためには「男運が悪いのよね」と運のせいにしていてはだめです。ダメ男を選ぶのは、あなたがダメ女だというようなものです。

幸せになれるかどうかは、どんな男性を選ぶかにかかっています。過去から学習し、周囲の意見を聞き入れ、あなたが幸せになれる素敵なパートナーをゲットしてくださいね!

(Photo by http://www.ashinari.com/2011/09/20-350484.php

この記事で使われている画像一覧

  • 20110930165857

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る