生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon childcare育児・教育

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 食育もできる子供との遊び方

食育もできる子供との遊び方

2012年10月11日更新

 views

お気に入り

はじめに

最近、おやつなど料理の作れるオモチャが流行ってますよね。

料理をすることは食に興味を持たせるのに役立つこと。健康的な食習慣を身に付けさせる意味でも、遊びがわりに料理をしてみるといいと思います。

簡単な作業でもいいから、子供と一緒に料理をして、それを遊びにしてしまいましょう。

用意するもの

食材

野菜や牛乳、卵など作るメニューにあわせて食材を用意します。最初のうちは、下ごしらえは大人がしてしまったほうがいいかもしれません。

生肉とか、触った手で他のものを触ったり、触った手を口に入れたりしたら困るようなものは、子供に直接さわらせない方が安全です。もちろん、覚えられるようになったら話は別ですけどね。

調理用具

最近はやりのキッチントイを用意するのもいいですけど、手持ちのものを活用するのもいいと思います。

電子レンジやIHクッキングヒーターを使えば、お子さんと一緒でも安全にお料理が出来ます。

興味をもってやりそうなときには、子供用の包丁など専用のものを用意してあげるのもいいと思います。

やり方

基本的な約束事をする

食材に触る前には手を洗う、とか、基本的な約束事を決めます。あわせて、理由も説明しましょう。

最初に理解させる必要はないです。やっていくうちに、そういうものだ、と、覚えてくれればこっちのものです。笑

楽しく調理して、楽しく食べる☆

料理そのものは簡単でかまいません。パンに具をはさむ、でも、何かの上に何かを乗せる、みたいな簡単な料理でいいです。

ただ、子供の好きにさせてあげてください。おかしな組み合わせだったら、ちょっとおかしいんじゃない?くらいの突っ込みは必要でしょうけど、止めずに好きにさせてあげてください。

楽しかった、と、思わせてあげるのが一番です。さらに料理に興味を持ってくれればなおよし。

下ごしらえに時間を使えるなら、おいなりさんとか、おはぎとか、仕上げの作業は簡単なので一緒に作ると楽しいですよ。

おわりに

遊びといっても、オモチャを与えて何かする、みたいな形にこだわる必要はないと思います。生活するうえで必要なことに子供が興味を持ち始めたら、それを遊びにしてしまえばいいと思います。

掃除に、洗濯、食事、買い物。普通に家事をするより、時間はかかりますけどね。笑

教育と家事がいっぺんに出来ると割り切って、時間が作れるときには付き合ってあげましょう。

(Photo by http://www.flickr.com/photos/11921146@N03/4004900258/)

この記事で使われている画像一覧

  • 20100723155053

本記事は、2012年10月11日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る