生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 男の子に見せたいディズニー作品5選

男の子に見せたいディズニー作品5選

2015年03月12日更新

 views

お気に入り

勇気と知性をはぐくむ5選

子供に観せたい映画はたくさんありますね。でも、一体どんな映画をみせたらいいのか?何万とある映画の中でも、勇気と知性、優しさを育みしつけと教育に役立つということを観点に、男の子にみせたいディズニーの長編映画を選びました。

また、★の数でその映画の特徴を示しましたので、参考にしてみてください。
 

くまのプーさん

くまのプーさん/完全保存版 DVD+microSDセット

小さい子にもおすすめ
★★★★★
ちょっと怖いシーン
★★★
ドキドキハラハラ

6歳の少年クリストファー・ロビンとぬいぐるみたちが100エーカーの森で楽しく日々を過ごす物語です。春夏秋冬を通してゆっくりと時間が進んでゆき、少年がやがて大きくなり、学校へ行くまでを描いています。

ぬいぐるみや森の動物たちが織り成す小さなドタバタがやさしいタッチで描かれたストーリーで、大人から子供までが楽しめます。また、教訓を学べる部分もあり、「おかしばっかり食べてたらプーさんみたいに穴に詰まっちゃうよ!」や「そんなに飛び跳ねまわってうるさくしてたら、ティガーみたいに木から下りられなくなっちゃうよ!」など、しつけをするときにも引用して叱ることができます。

途中、プーさんが悪夢を見るという少し不気味なシーンがありますので、はじめて見るときは親子で一緒に見てあげてください。

 

トイストーリー

トイ・ストーリー2 ブルーレイ(本編DVD付) [Blu-ray]

小さい子にもおすすめ
★★★★
ちょっと怖いシーン
★★
ドキドキハラハラ
★★★

こちらも少年とそのオモチャたちの物語です。カウボーイ人形のウッディと持ち主の少年アンディの一番のお気に入りでしたが、アンディの誕生日にやってきた最新オモチャのバズにお気に入りの座を奪われかけてしまいます。

アンディの心が離れていくことに落ち込んだり、オモチャを乱暴に扱う隣家の少年シドに連れ去られてしまったり、オモチャとしての戦いと葛藤を描いた作品です。オモチャにも心があるのだから、大切にしてあげないと悲しむよ、と教えてくれます。
 

アラジン

アラジン スペシャル・エディション DVD+microSDセット

小さい子にもおすすめ
★★★
ちょっと怖いシーン

ドキドキハラハラ
★★★★

千夜一夜物語をモデルとした名作です。貧しく泥棒をして生活しているけれど優しい心を持った主人公アラジン、王宮の退屈な生活に嫌気がさし、宮殿を抜け出したりする王女ジャスミン、3つの願い事を叶えてくれるというランプの精ジーニー、そして邪悪な大臣のジャファー。

スリルとロマンの冒険活劇です。優しく賢く勇気のあるアラジンは、見た者に元気と希望をあたえることでしょう。ジーニーの魔法や色とりどりのミュージカルシーンは賑やかで子供を飽きさせませんし、アラジンとジャスミンのラブロマンスのシーンは美しく、男の子にも女の子にもおすすめできる作品です。
 

ウォーリー

ウォーリー [DVD]

小さい子にもおすすめ
★★
ちょっと怖いシーン

ドキドキハラハラ
★★★

遠い未来、人間たちが離れてしまった地球で一人黙々とお掃除をするロボットのウォーリーと、人間たちが乗った宇宙船から地球を探査しに来たロボットのイブのお話です。ウォーリーとイブの友情のほかに、環境問題や機械に頼りっぱなしな人間の衰えもテーマとされていて、とても深い物語になっています。

また、この作品には主人公に悪意をもっている、いわゆる悪役キャラが居ないこともひとつの特徴だと思います。みんなが一生懸命に頑張るからこそのハラハラとドキドキ。ラストはとても優しくあたたかい気持ちになりますよ。
 

ファンタジア

ファンタジア 【日本語吹き替え版】 [DVD] ANC-003

小さい子にもおすすめ
★★
ちょっと怖いシーン

ドキドキハラハラ
★★

こちらは物語というよりも音楽と映像の美術作品に近いので、遊び盛りの子供にはすこし退屈かもしれません。

ですが有名なクラシック音楽と映像の合わせ技はとても美しく、コミカルな動物たちの動きを見ているうちに基礎的なクラシック音楽を覚えられます。きっと芸術的センスを豊かにしてくれるでしょう。
 

さいごに

心にしみる映画は、大人になっても色鮮やかに記憶に残ります。多感な子供の時期に色んな映画をみせてあげましょう。

また、子供の理解力では物語を完璧に理解することはなかなか難しいので、お父さんやお母さんが一緒にみて解説をしてあげれば、お子さんももっと楽しめ、家族の仲も深まりますよ。

本記事は、2015年03月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る