生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon childcare育児・教育

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 掃除しながら子供と遊ぶコツ

掃除しながら子供と遊ぶコツ

2012年10月11日更新

 views

お気に入り

はじめに

子供とあそぶのって、すごくパワーがいりますよね・・・。

疲れているときに「あそんで」「あそんで」と言われると更に疲れたりしていませんか?

少し考え方の路線を変えてみましょう

子供とどう接するか、悩む日も結構あったりします。年齢が違えばなおさら、遊びに対する興味も違いますよね。

でも、一つ共通することがあることに、きづいたんです・・・それは、自分が楽しんじゃうこと!

ママが、楽しんでいると、子供から寄ってくるんです。もちろん、上の子から下の子まで・・・あそびは、何でもいいのです。必ずしも、子供の遊びではなくても。我が家では、よく、ピカピカでぃっと言って、家の中をピカピカにするんです。(そうです、いわゆる掃除ですヽ(^o^)丿)**

遊び方の例

その1

まずは、掃除機から始めるのですが、ゾウさん参上!今からゾウさんは、食事タイム。。。と、言いながら、掃除機を始めます。

すると、子供たちは、最初は走り回り、逃げてたのしんでいましたが、「大きなごみを食べちゃって!」と、促すと、たちまちゾウさんになりきってしまい、大まかなゴミを拾ったり、散らかっている物を拾い上げてくれたりしました。

今では、上の子が、掃除機をかけてくれています。

その2

MY雑巾・・・子供たちのサイズに合わせて雑巾を縫いました。

「ここが、どのくらいピカピカになるのだろう・・・???ちょっとやってみるね。」と、言いながら始めていくと、汚れが落ちるのを見ていたこどもたちは、「攻撃!!と、言って、私は、こっち!僕ここ!」と、いい次から次へと拭き始めていきました。汚れが落ちていくのが楽しいみたいです(^_^) 

最後に

このような感じで、ちょっとた言い方や誘導で、そして母も掃除をする!という意識ではなく、きれいになるって気持ちがいいし楽しい!という感情を子供たちに見せてあげると、意外に興味を示してくれますよ。

今回は、遊びを取り入れた、お手伝いっていうところですが、子供と真剣に向き合ってやれば、どんなことも、遊び感覚で、ついてきてくれるんだと思いました。

(Photo by http://www.flickr.com/photos/emrank/3097037008/)

この記事で使われている画像一覧

  • 20100812175530

本記事は、2012年10月11日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る