生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. お風呂で遊べば片付けも楽チン☆

お風呂で遊べば片付けも楽チン☆

2012年05月01日更新

 views

お気に入り

はじめに

子供のペース配分って分からないですよね。気分が乗っちゃうと暴れて後はクタンとなっちゃったり。

だから、遊びと日常生活に必要なことを合体させちゃいます。必要なことは終わってるから、遊びつかれてクタンとなっても、そのまま寝かせてしまえばいいから気楽です。

お風呂だと、汚しても掃除は楽ですしね(笑)

用意するもの

お風呂用の玩具

オモチャとして売っているものでなくても構いません。プラスチック製の、おやつの容器とかね。怪我をしないようなもので、子供が気に入っているものを使わせてあげましょう。

シャボン玉遊びとかも、お風呂なら気にする必要ないのでお勧めです。

子供が興味を持つもの、好きなもので、お風呂でもオッケーなものは持ち込み可ということにして、子供に選ばせてあげるのもいいです。

やり方

お風呂のお湯は、ぬるめの少なめ

お風呂のお湯は、ぬるめで少なめにします。感覚としては、ビニールプールの延長って感じです。

お風呂なので冷たすぎても困りますが、熱いとのぼせてしまうのでぬるめにします。お湯の量は多すぎても危ないので、少なめにします。

オモチャなどで遊ぶ

子供の好きなように遊ばせてあげます。とはいえ、お風呂で暴れすぎても危ないので程ほどに。親が一緒に入ってしまえばスペースも減るし、自然と暴れすぎて危ない状態にはならないと思います。

ちゃんとしたお風呂用のオモチャを用意してあげても、プリンの入っていた容器にお湯を入れたりこぼしたりするのに夢中になるようなトコがあるのが子供。気の済むようにさせてあげましょう。

体を洗う

シャンプーとか、体を洗うとか、通常のお風呂でするような事にはこだわらないようにしましょう。面倒だったら、全身ざっと流してそのまま出ちゃいます。

逆に、遊びで入ると、ボディシャンプーの泡立てに燃えたりするときもあるので、自由にさせてあげます。

おわりに

お風呂で遊ぶのは楽チンで楽しいですけど、危険な側面もあります。小さなうちは、子供だけで入らせるのは危ないと思いますので、出来れば大人も一緒に入っちゃってください。

子供がノリノリで中々出ないと、のぼせそうになりますけどね(笑)

本記事は、2012年05月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る