生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 就職活動の裏技(エントリーシート編)

就職活動の裏技(エントリーシート編)

2015年03月03日更新

 views

お気に入り

はじめに

筆者は、2008年に就職活動をしており、20社ぐらい、企業独自フォーマットの履歴書(所謂エントリーシート)を書きました。その時、情報の管理に便利だった方法を紹介します。

注意

この記事を読むにあたって以下の項目に注意してください

  • セキュリティの確保は各自で注意してください。
  • 要ネット接続環境。
  • Gmailが必須です。

この方法が特に有用な人

  • 多くの企業にエントリーシートを提出する予定のひと。
  • 学校、自宅、モバイルPCなど複数のPC環境を利用している人。
  • エントリーシートをじっくり推敲したり、友達に相談したりしたい人。
  • 紙の管理が苦手な人。

やりかた

  • エントリーシートをgmailの新規作成で書きます。
  • 未完のまま作業を終えたい場合は、念のために保存を押しておきます(たいてい自動保存されているはずですが。)
  • 完成したら、自分宛に送信します。
  • 件名は "エントリーシートメモ 企業名"などと統一して置くと後で便利です。

効果効能

周囲を見ていると、手書き提出タイプのエントリーシートでは、コピーを取って原稿を管理しているひとを多く見受けました。ただ、この方法ではたくさんの書類を管理しなければならず、その中から必要な情報を取り出すのも大変です。

また、ワードなどで文章を作り、管理しているひとも居ましたが、これでは複数の環境で作業する際不便です。

この方法を導入することにより、過去のエントリーシートを、どこにいても、簡単に検索できる状態にすることができるようになります。

また、自動保存が利くので、(全ては保存されていないかもしれませんが)、フリーズしてもメモ帳で作成するよりかはだいぶ安心です。

応用編と補足

推敲したい人

文章をじっくりと推敲したい人は、いったん作った文章をケータイあてに送信しておきましょう。電車の中など、暇なときに読み返してみると、よりいい文章が思い浮かぶこともあります。また、文章の構成をしてくれる友人がいる場合も、そのひとのアドレスにすぐ送ることもできます。

手書きする際

折角電子形式でデータがあるのですから、印刷したりせずケータイにおくって、その画面を見ながら移しましょう。エコです。

モバイルなど、常にネット接続できない環境を使う場合

メールソフトにダウンロードしておきましょう。閲覧はできます。

定期的に今までのエントリーシートを見直してみましょう

結構面白い発見があります。

補足

この方法は、何もエントリーシートだけに利用する方法ではありません。僕自身は、今は卒論作成に利用しています。Gmailは汎用の場所を選ばないデータベースとして利用することができるのです。今回は、特にエントリーシート作成の際に便利だったので、このような構成とさせて頂きましたが、くれぐれもセキュリティの確保はしっかりとお願いします。

おわりに

就活における履歴書・エントリーシートの情報管理の方法を紹介しました。メールとして保存しておけば、あらゆるところへ行く就活で、どこでも確認することができます。

本記事は、2015年03月03日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る