生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon health健康・医療

  1.  
  2.  
  3. 夏バテにならない体づくり

夏バテにならない体づくり

2016年05月11日更新

 views

お気に入り

はじめに

ついに今年も夏がやってきましたね。夏の暑さ対策は万全ですか?夏バテは逃げ切れないかと思えば、いつもの生活を少し変えるだけで、暑い夏をさわやかに乗り切れます!

そこで今回は夏バテ対策をご紹介します。

そもそも夏バテの原因とは?

夏バテの原因は、主に3つあります。

その1 暑さと冷えのコンボ

猛暑の中、汗ビチョで外回りを終えたら、会社に戻ってクーラーが、ガンガンかかったオフィスに戻る。そんな毎日を繰り返していませんか?

これは、体温を管理する自律神経が、気温の激しい気温に対応できなくなり体調を崩す原因になります。

その2 暑さによる食欲不振

暑いから、さっぱりしたものが食べたい…なんて、食欲が減退していませんか?

暑さで胃の消化機能の低下、栄養摂取不良になってしまいます。そして、食欲減退になるという、悪循環が発生してしまいます。

また、暑いからと言って大量の冷たい飲み物を飲むと、胃が冷えてしまい機能が低下してしまいます。

その3 水分不足

外にいるだけで、汗がダラダラ出てきますよね。夏は気温が上昇し、体温が上がるため、体は汗をかいて体温を下げようとします。

その時に、体内のミネラルが汗と一緒に流れ出てしまいます。その結果、脱水症状を起こしてしまいます。

夏バテ対策

室内温度調節

急な体温の変化で体調を崩してしまうので、下記のポイントを意識しましょう。

  • 外出前には、上着を羽織ったり、クーラーの温度を下げる
  • 窓を開けて温度調節
  • 扇風機で温度調節

こまめに水分補給

脱水症状を起こさないためにも、こまめな水分補給は忘れないようにしましょう。

  • 水やお茶などをこまめに飲む
  • 冷たい飲み物をガブ飲みしない
食欲増進、胃の働きを良くしたり、爽快感があるミントティーがオススメです

消化に良いものを食べる

胃腸を刺激して食欲増進をはかるため、香辛料の入っている料理を食べましょう。また、レモン、酢などを食べるもの良いです。

そうめん、うどん、そばなどにトッピングを加えるのも良いですね。

食べないと栄養補給も疲労回復もできません!

汗をかく

朝方や、夕方の涼しい時間帯に散歩をしたり、お風呂で半身浴をするなど、汗をたくさんかきましょう。

体の中の老廃物を出して、血のめぐりをよくしましょう!

汗をかいたら水分補給を忘れずに!

おわりに

夏中、夏バテはさすがにしんどいですよね。上手に体調管理をして、暑い夏ものりきりましょう!

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130604184553 51adb75142aaa

本記事は、2016年05月11日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る