生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3. デートで困る?酒好き×酒NGカップルがうまく恋を続けるコツ

デートで困る?酒好き×酒NGカップルがうまく恋を続けるコツ

2011年08月31日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

お酒好きな男女がいるように、お酒NGな男女もいっぱいいますよね。お酒大好きな人とお酒NGな人が恋人同士になるケースも多々あると思います。

楽しいお酒なら誰でも歓迎でしょうが、なかには酒癖が悪いという人もいますよね。そうなると、飲めない方は嫌悪感を覚えることもあるでしょう。

それがきっかけで恋が終わってしまっては残念です。お酒大好きな人ととお酒NGな人がうまく恋を続けるコツを紹介します。

デートの時はあまり飲まない

デートの時にあまりお酒を飲まれると、飲めない方は困ってしまいます。せっかく楽しい時間を過ごしたいのに、酔っぱらわれてしまっては散々です。

したい話もできませんし、話がくどくなる、説教臭くなる、からんでくる、など相手の酒癖が悪ければ本当に最悪です。それがきっかけで恋がさめてしまう可能性もあります。

できればデートの時は1、2杯ぐらいでとどめておきましょう。ほろ酔いぐらいなら可愛いもんです。呂律がまわらないぐらいぐでんぐでんに酔っぱらうと、相手は引いてしまうでしょう。

デートでも我慢できないぐらいお酒が飲みたいというならば、ちょっと問題アリですよ。デートの時ぐらい、お酒より、恋人との時間を楽しむように心がけましょう。

お酒より食事メインでお店を選ぶ

自分がお酒が飲みたいからと、食事をする場所を居酒屋やバーにばかりすると、飲めない相手は物足りない気持ちがするでしょう。飲めない相手の楽しみはやっぱり美味しい食事です。

特にお酒に興味がない、全く飲めない人はグルメだったりします。自分がお酒が好きならば、お酒が飲めればどこだっていいですよね?

でしたら食事をする場所は、相手が大満足してくれるような食事が美味しいお店を選んであげましょう。そうすればあなたが一人でお酒を楽しんでいても、相手はニコニコ笑顔で食事を堪能してくれるでしょう。

飲む人は、飲める仲間同士でいつでも楽しめますよね。飲めない恋人との食事や時間にはなるべくお酒をいれないようにしたほうがベストです。

酒量を減らしていくか、休肝日を必ずもうける

お酒が飲めない人はお酒を飲む人の体を心配します。「ちょっと飲みすぎじゃないのかな」「毎日飲んでるけど大丈夫かな」と不安になるものです。

実際、お酒を飲みすぎると健康を害することは広く知られています。楽しくお酒をたしなむぐらいなら問題がありませんが、恋人から「ちょっと飲みすぎじゃない?」と言われたら、素直に飲酒について考え直してみましょう。

酒量を少しずつ減らしてみるとか、休肝日をもうけるなどして、お酒以外の楽しみを見つけてみましょう。恋人の意見を素直に取り入れてあげれば、恋人も安心してくれます

また、飲めない人が相手の飲酒について意見を言う時は注意が必要です。「飲み過ぎじゃないの?」と言われると、相手は反発するでしょう。「飲めないくせに偉そうに意見するなよ」「みんなこんぐらい飲むんだよ」とケンカになるかもしれません。

相手の健康が心配で酒量を減らしてもらいたい時は、お酒の飲み過ぎでなる病気などを調べて、さりげなく教えてあげてはどうでしょう?また、ゲーム感覚でお酒の飲み過ぎ度を測るチェックなどをしてもいいでしょう

お酒で失敗した、健康を害したという友人の話を作って、遠回しにお酒の怖さを教えてあげてもいいでしょう。うまくお酒と付き合う方法を恋人に知ってもらえれば安心ですよね。

おわりに

アルコールが入るとリラックスして緊張がほぐれるというメリットはありますよね。嫌なことを忘れるために飲むという人もいるでしょう。

お酒にはメリットもあればデメリットもあります。デメリットばかりが目立つようになれば、当然、飲めない恋人との関係にもひびが入るでしょう。

たかがお酒、されどお酒。お酒が理由で大事な恋人との関係がうまくいかなくなるなんて勿体ないです。

うまくお酒とつきあい、飲めない恋人との関係も良好に保つように、自分自身が常に意識しながら飲酒することが大事でしょう。

(Photo by http://www.ashinari.com/2010/06/02-337212.php

この記事で使われている画像一覧

  • 20110831112650

本記事は、2011年08月31日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る