生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon childcare育児・教育

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 夜泣き知らずでママも幸せになる方法

夜泣き知らずでママも幸せになる方法

2012年09月24日更新

 views

お気に入り

はじめに

赤ちゃんの夜泣きは大変ですよね。ママも泣きたくなります。

そんな夜泣きとも上手につきあえば、子育てもきっと楽しくなるはず。

ポイント

赤ちゃんの欲をみたし、ママが神経質にならないことです。

その1: お昼に遊ばせる

当たり前かもしれませんが、お昼できるだけあそばせること。

そんなこと言っても家事もしなければならないし・・・と思うかもしれませんが、昼間遊んでいない赤ちゃんは夜寝ません。

いかに脳を疲れさせるかだと思います。

その2: 夜中のオムツ替えはしない

夜中のオムツ替えはしない。

もちろんかぶれやすい赤ちゃんもいると思いますので、臨機応変にですが、ママが気にしすぎて夜中電気をつけたり、赤ちゃんの体を起こしたりすることで目が覚めてしまいます。

市販のオムツも今は性能が良いので心配しなくても大丈夫ですよ。

その3: お腹いっぱいにしてあげる

基本ですが、お腹いっぱいにしてあげること。

やっぱり空腹では大人は耐えられても赤ちゃんは無理です。

寝る前はたくさん飲ませてあげて下さい。

おわりに

何よりもママがイライラせずにリラックスすることが大事です。

気分が落ち着いたママに添い寝してもらうと、赤ちゃんも気持ち良くなるはず。だってママが大好きだから。

夜危なくなければ、抱っこでお外を散歩するのもオススメです。

ママの気分転換にもなりますし、赤ちゃんもすぐ寝てくれますよ。

(Photo by http://www.flickr.com/photos/mattborg/1314045697/)

この記事で使われている画像一覧

  • 20100813134807

本記事は、2012年09月24日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る