生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 人とすれ違うときぶつからないコツ

人とすれ違うときぶつからないコツ

2013年11月01日更新

 views

お気に入り

はじめに

道を歩いているときに、すれ違う人とお互いにゆずりあっているうちに結局ぶつかってしまう、ということがよくありますよね。

ここではすれ違うときにぶつからないようにするコツを書きたいと思います。

ポイント

その1 相手と目を合わせない。

なぜぶつかるか。それはお互いがお互いの行く方向を読もうとするからです。

相手がどちらにくるか分からない中で「右か?それとも左か」を当てようとする。でもそれだと50%という高確率でぶつかってしまう。

それならば、最初にこちらから相手から視線を外し「私はあなたが右に行くか、左に行くかを一切考慮しませんよ」という意思表示をするのです。

その2 行く方向を決める

あとは簡単、右か左か行く方向を決めてしまいましょう。

そうすると相手から見れば、「こっちのこと全く見てない人が右に行こうとしている。ならば私は左に行ってよけよう」という具合になるのです。

ただ、その1をやらずに行く方向を決めてもダメです。

相手と視線を合わせている限り、「こいつ右に行こうとしているけど、なんかこっち見てるから気を使って左に来るかも。ならば俺はあえて右にいくか・・。いや、それとも・・」ということになって結局譲り合いモードになってしまいます。

おわりに

なおこの方法を、すれちがうお互いが使用すると、やはり50%の高確率でぶつかりますので使用時は注意してください。

本記事は、2013年11月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る