生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon childcare育児・教育

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 赤ちゃんと楽しめる外出先◎

赤ちゃんと楽しめる外出先◎

2012年09月27日更新

 views

お気に入り

はじめに

お子さんとの外出は楽しいですよね。でも、お子さんが小さいうちには何かと気を使うものです。安全な外出先を選んで快適にすごしましょう。

外出先選びのポイント

小さなお子さんにとっては、外はどこにいっても刺激的で物珍しい、楽しい場所になることでしょう。

どこに出かけるかは、お子さんを疲れさせ過ぎないようにすることと、同行保護者の体調などを考慮して決めると良いと思います。とにかく、無理は避けることです。

子供というと外のイメージが強いですけど、小さいうちは体温調整機能も弱いですし、夏場は地面に近いほど照り返しで暑いですから注意が必要です。子ども自身は楽しそうにしていても、体は限界になったりしますからね。事前に程々の場所を選ぶとよいと思います。

ショッピングセンター

施設も充実していて便利なショッピングセンターは、お子さんが小さなうちは大変助かる場所だと思います。

安全はある程度確保できるし、子供が遊べるようなスペースはあるし、足りないものがあれば買いにいけます。トイレなども整備されてますから、オムツ交換も問題なし。

小さな子供向けイベントも細かくやってくれますから、お子さんも疲れすぎずに楽しめると思います。しかも、買い物も済ませて帰ってこられます。便利です(笑)

色んなタイプのショッピングセンターがあると思いますけど、児童公園が近くにある場合もあります。外遊びをさせたい方は、このタイプがお勧めです。

車で外出するなら、着替えとかも積んでいけばいいし。トイレなどの施設はショッピングセンター内のものを借りればいいので便利です。

公園・動物園・植物園

大型の公園や動物園は、子供のお出かけ先としては定番ですよね。こちらは立地が重要で、坂が多くてバリアフリーになっていない所は、お子さんが小さいうちは、あんまりお勧めではないです。

太陽の下は気持ちがいいですけど、疲れやすくなります
体調を見つつ出かけないと、帰ってくるたび熱を出す、みたいなパターンになりがちです。同行者も疲れます。

平地とか、規模が小さいとかのほうが、お子さんが小さい時には便利かもしれません。

水族館

水族館だと建物内が多くて、エレベーターやトイレなど施設もしっかりしている事が多いのでオススメです。

おわりに

お子さんを連れての外出は安全第一。公共のマナーを守ることは、お子さんを守ることに繋がります。くれぐれも、エスカレーターにベビーカートを乗せてお子さんを運ぶ、なんて事は避けてくださいね。

お子さんは回りに興味津々ですから、小さな指が何を触っているのかにも気をつけてあげてください。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100812151831

本記事は、2012年09月27日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る