生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 女子からの「好き」という想いが確実に伝わる告白の方法

女子からの「好き」という想いが確実に伝わる告白の方法

2011年08月24日作成

 views

お気に入り

昔のように「好きだ!」と自分から告白するタイプの男性が減っていたり、男性から「好きだ」とガツガツアプローチするとたちまちにセクハラ扱いされる世の中だったり。。。

ならばいっそのこと男性は告白を待っている身として考えて、女子からの「好き」というサインをうまく受け止められるようになっていただきたいと思うのです。

そんな告白待ち男性に「好き」という想いをしっかりキャッチしてもらうべく、女子からの「好き」という想いが確実に伝わる方法を考えてみました。

現在片思い中で、片思い男性にどうアプローチすればいいのか悩んでいる方、片思い相手の気持ちがわからない方、ぜひご参考下さい。

目次

好きと言えない女子には

方法は二つあります。一目惚れで相手との接触がまだないという人は使えないので、もう少し努力して相手との接触を図りましょう。

思い切って、すぐにでも「好き」と伝えてみる

手紙を書いてください。紙に書いて切手を貼ってポストに入れる。いわゆるラブレターです。ちょっと古い手段ですが、手紙をもらって気にならない男子はまずいないでしょう。かわいいメッセージカードに書いて送るのがポイント高いですね。

住所を知っている必要がありますが、旅行先から絵葉書を送ってみたい、とか借りていたものを返したいとか、言い訳を作って聞き出しましょう。

コツは夜に書いたものならば朝になって読み返しをしないことです。完成したなら、勢いで「えいや」っとポストに。どうしてもペンが進まない人は「好きです」とだけ書いて送りましょう。結構インパクトあります。

手紙はどうしても、という人は、メールという選択肢もありますが、メールでの告白はてっとり早く、気持ちが浅い印象を受けてしまいます。

「好き」と言わずに行動でアプローチ

これまであなたはどんなアプローチを試みましたか?相手の方との生活の距離で条件は違いますが、いつも傍にいて相手に意識させましょう。触れる・見つめる・微笑む・こまめに連絡をとる、など。

そしてある日突然すべてのことを一旦止める。そして何事もなかったようにまた接近戦を展開する。押したり引いたりを繰り返されたら男が行動を起こします。好きといわないで「好き」という気持ちをすり込む神業です。

好きと言っても信じてもらえない女子には

大方の予想はついています。それはあなたの責任です。ご自分でも自覚なさっているでしょうから打開策を考えましょう。

「抱いてって言ったらダメかな?」

あなたのことを女性として見ていない男性には、まずあなたが実は女であるという事を認識させないと事態は何も変わりません。後の責任は持てませんが、表題みたいなドキッとするセリフを言うのも現状打破には必要かもしれません。

女の武器を使ってみよう

おすすめはしません。泣いて訴えたら演技じゃない?と思っても、コロッと信じてくれる男性もいますから、やってみる価値はあるかもしれません。ただしこれでうまくいっても、その日にすぐHはナシですよ。本気が疑われて元の木阿弥。涙を見せるなら演技ではなく、涙も本気でお願いします。

好きと言われて困る男子はほとんどない

よく最近の恋愛アドバイスで

男子は基本、狩猟本能があり、征服したいので自分から告白したいものです。女子は男子が告白しやすいように仕向けて待っていましょう。

というような事が書いてありますが、どうでしょう?断られるかもしれないリスクをわざわざ背負いたいと思う男子なんてあまりいませんね。

告白のタイミングと勇気が一致したときは女子の方からどんどん攻めてください!

男子は照れているだけなのです

告白される男子の意見として、告白されることに慣れていないということが多いにあり得ます。本当は嬉しいのですが、気恥ずかしいというか、どう自分のポジショニングを維持すればいいのかが解らなくなってしまうのです。

曖昧な態度でそのままの状態ならば、すぐにでも問い詰めてやってください。「どうするの?つきあうの?いやなの?」って。そうしないといつまでもらちが明きません。もしダメなら次を探すくらいの割り切り感も女子には必要ですよ!

「女子が積極的なのはドン引きされる恐れがあるから注意」という伝説を鵜呑みにしないでくださいね。告白待ちの男子にとっては、それはそれでいいものなんです。

躊躇しないで、積極的に想いを伝えましょう!

おわりに

あなたが好きと言おうかどうかを悩んでいる時は、相手もどうなのかなと勘ぐっていることがほとんどです。告白の仕方やタイミングにこだわりすぎず、自分を信じて、言葉なり行動なり、攻め込んでいってください。

でも決して安売りしてはいけませんよ。告白待ち男子と言えども相手はオオカミかもしれませんから。

(Photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20110823152017

本記事は、2011年08月24日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る