生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 共感覚を利用して右脳を鍛える方法

共感覚を利用して右脳を鍛える方法

2015年03月25日更新

 views

お気に入り

右脳を鍛える必要性って?

右脳が仕事でも必要とされてきている

脳科学では左脳は論理処理、右脳はイメージ処理を司るといわれてます。

どちらも重要な役割を果たしていますが、昨今のビジネスではより新しい価値を生み出す仕事が重要性を持ってきており、そこでより必要となってくるのが右脳から生み出されるアイデアです。右脳を鍛えることが、今後の人生を変えることになるかも!?

ちなみにあなたは左脳派?右脳派?

完全な俗説ではありますが、自分が左脳派か右脳派かを簡単に調べる方法として、自分の手と手を組んだとき、どちらの手の親指が上に来ているかを見てください。左手の親指が上に来ている人は「左脳派」右手の親指が上に来ている人は「右脳派」です!

共感覚を利用して右脳を鍛えるって?

「共感覚」とは、1つの感覚器官からの刺激を、別の感覚器官でも同時に受容することをいいます。今回はその中で「色調」のやり方をご紹介します!

色調のやり方

色調とは、音(曲)を聴いて、連想する色を思い浮かべることです。つまり聴覚からの情報を視覚でも受容することです。

以下に簡単なそのやり方を記述します。

やり方

  • 好きな音楽を聴く(できれば歌詞がないものが好ましい)
  • 暖色か寒色、明るい色か暗い色かを漠然と思い浮かべる
  • メロディラインに沿って色の変化を追っていく

最初は難しいかもしれませんが、人類が始まった時からある共感覚は、現代人はただ忘れているだけなので、誰でもできるので頑張りましょう。慣れてくると映像や画像が思い浮かんだりもしてきて、より深く音楽を楽しむこともできます。

右脳を鍛えつつ、より音楽を近くにすることができるレシピ。ぜひ試してくださいね!

(image by PAKUTASO)

関連ライフレシピ

この記事で使われている画像一覧

  • Bf190809 7c60 4c5a 9510 334907912cfd

本記事は、2015年03月25日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る