生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 水垢まで取れるバスルームの壁・床・棚・鏡のお掃除の仕方

水垢まで取れるバスルームの壁・床・棚・鏡のお掃除の仕方

2013年10月30日更新

 views

お気に入り

 はじめに

バスルームも汚れがつきやすい部分です。

特に、湯垢はつきやすく、目で見てきれいでも、触ってみるとザラザラとしていることがあるので注意が必要な所です。

今回はこの中のバスルームの壁・床・棚・鏡部分と備品のお掃除の仕方をご紹介したいと思います。

使用用具

  • スポンジ
  • 目地ブラシ

使用薬剤

  • 浴室用洗剤
  • クレンザー(微粒子)

作業手順

  • その1:浴室を濡らし、浴室用洗剤を撒き、こする。

 

  • その2:隅などの洗いにくい部分は目地ブラシなどを使う。
  • その3:浴室用洗剤をスポンジに含ませてドアをこする。
  • その4:隅や凹凸がある場合、目地ブラシを使う。
  • その5:ドアの取っ手、脇、下も忘れずに磨く。
  • その6:鏡を浴室用洗剤をスポンジに含ませてこする。(ウロコ汚れが強い場合は、クレンザーを使用して汚れを落とす)
  • その7:浴室用洗剤をスポンジに含ませて棚をこする。
  • その8:洗剤分を洗い流す。

チェックポイント

  • その1:壁・床の目地に汚れ、ヌメリはありませんか?
  • その2:棚にシャンプーや石鹸の跡はありませんか?

備品類・ステンレス

使用用具

  • スポンジ
  • 目地ブラシ
  • クロス

使用薬剤

  • 浴室用洗剤
  • クレンザー(微粒子)

作業手順

  • その1:浴室用洗剤をスポンジに含ませて備品をこする。隅は目地ブラシを使う。
  • その2:洗剤分を洗い流す。
  • その3:小物は拭いて元の位置に戻す。
  • その4:蛇口、ホースなどをメラミンスポンジでこする。
  • その5:乾拭きクロスでステンレス部分を拭き、光沢が出るまで良く磨きあげる。

注意事項

  • その1:小物はラベル表面を手前に向け、背の高いものを後ろに配置する。
  • その2:蛇口の正面、下、脇も忘れずに拭くこと。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100707155344

本記事は、2013年10月30日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る