生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 見違えるほど綺麗なるバスルームのかびとり・天井・換気扇の掃除の仕方

見違えるほど綺麗なるバスルームのかびとり・天井・換気扇の掃除の仕方

2012年09月10日更新

 views

お気に入り

 はじめに

バスルームも汚れがつきやすい部分です。

特に、湯垢はつきやすく、目で見てきれいでも、触ってみるとザラザラとしていることがあるので注意が必要な所です。

今回はこの中のカビとりと天井のお掃除の仕方をご紹介したいと思います。

 準備 

作業手順

  • その1:換気扇を付け、窓がある場合は空けて、換気を良く

する。

  • その2:ガラスや陶器の備品、ラジオ等の電子機器がある場

合は、浴室の外に移動させる。

  • その3:シャンプーの容器の底、石鹸ケースなどを洗ってから、水気をふき取り、浴室の外に移動させる。(バスマットや洗面台の上に置き、床に置かない)

チェックポイント!

  • その1:シャンプー、リンスの液だれはちゃんとふいてありますか?
  • その2:換気扇は付いていますか?
  • その3:窓を開けて、換気をしていますか?

 かびとり

使用用具

  • ゴム手袋
  • バスシューズ
  • ティッシュ

使用薬剤

  • カビ取り剤

 作業手順

  • 1:換気扇を付け(窓がある場合は窓を開ける)、ゴム手袋、バスシューズを身に着ける。
  • 2:カビ取り剤を床、壁、ドア、排水口、その他黒カビが見える部分に塗布して5分~10分程度放置する。
  • 3:カビ取り剤が付着しにくい部分には、カビ取り剤を含ませたティッシュを貼り付ける。
  • 4:液剤を水で流す。

注意事項

  • その1:カビとり剤の塗布は洗剤を全て洗い流し、水気を切ってから行うこと。
  • その2:ゴム部分のカビは取れないこともあるので注意すること

 かびとり

使用用具

  • クロス
  • 柄付ブラシ(スポンジ)
  • スポンジ

使用薬剤

  • 浴室用洗剤

作業手順

  • その1:天井の汚れを柄付ブラシでこすり、吹きあげをする。(柄付ブラシがない場合は手が届く範囲のみ行う)
  • その2:天井に汚れがなく、水滴が残っている時は、クロスで拭きあげる。
  • その3:換気扇のカバーの汚れ、埃を拭き取る。

チェックしましょう!

  • その1:その1:天井に汚れ・水滴は残っていませんか?
  • その2:換気扇のカバーは汚れていませんか?
  • その3:換気扇のカバーに埃は残っていませんか?

注意事項

  • 柄付ブラシがない場合は手が届く範囲を行いましょう。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100707155344

本記事は、2012年09月10日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る