生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 「フラれたら友達としても無理」という男心がわからない時の対処法

「フラれたら友達としても無理」という男心がわからない時の対処法

2011年08月17日作成

 views

以下の状況は、一見似ているようで全く別物です。それは、

  • A.「元カレが復縁を迫ってきたけど、今後は友達としてやっていきたい」
  • B.「友達としか思っていなかった男子から告白されたけど、つきあう気持ちはなし。これからも友達としてやっていきたい」

Aの場合はかつて恋愛関係にあった二人。そしてワケあって別れたのですから、またかつてと同じようにやっていこう、あるいは友達として再スタートしよう、というのはなかなか複雑かもしれません。

しかし、Bの場合。むこうが一方的に告白してきて、こちらがフッたからって、「もう友達としても無理」は悲しいですよね!?

こんな男心、どう対処したらいいでしょう!?

目次

彼のいいところは・・・!?

  • 「人を好きになるのに理由なんてない」
  • 「恋に理屈はない」

のが恋というもの。今までなんとも思っていなかった人が突然気になりだしちゃったり、この前まで背中をバンバン叩きあえる仲だったのに、ある日突然、偶然指先が触れただけでも、苦しくなってしまったり。

あなたに対してそう思っている身近な男子から、突然告白されて、

  • 「え?ええええー!?私?」(びっくり)

なんて。

そもそも友達同士だったということは、あなたも彼に対して、恋愛感情はなかったにせよ、嫌いではなかったはず。つきあうことは考えられないけど、友人として失いたくない人だったとしたら、冷静に分析するために、彼のいいところを一度リストアップしてみましょう。恋に理由はなくても、友人として失いたくないには、それなりの理由があるはず。

たとえば、

  • 話しやすい・話しがおもしろい・話が合う
  • 仕事仲間として尊敬している
  • アドバイスがいつも的確
  • センスがいい
  • 趣味が同じ

などなど。

リスペクトを表現する

勇気をふりしぼって告白した彼は、ある意味あなたにフラれることも想定しているはず。しかし、これまで友達だったあなたに思い切って告白し、一刀両断され、木端微塵になった彼・・・・、想像するだけでつらいです。

そこであなたは、つきあうことはできないけれど、友人として失いたくないということを、リスペクトの気持ちを込め、感覚ではなく、なるべくロジックに彼にお伝えしてはどうでしょう。

たとえば、

  • 「あなたのことは仕事の相談相手として、かけがえのない人。だから今後も失いたくない」
  • 「パッと話が通じる友達ってなかなかいない。だからあなたとはずっと友達でいたい」

というふうに。

友達とは貴重な関係

つまり、「恋がダメ、だったら友達」、といった、友達が恋より下に位置する「恋人以下」の関係ではなく、彼にいいところがあるからこそ、「友達でなければダメ」という、「友達」がある意味、特別で貴重なポジションであることを相手に理解してもらおうではありませんか。

もし、告白されても、本当にどうでもいい相手だったら、あなただって今こうして、「友達でいたい・・・」なんて悩んでいないはずです。

「恋人」が無理=「友達」とは限りません。

あなたの「人間力」が問われるとき

友達でいたかった相手をフってしまったとき、彼が玉砕してあなたの元から去っていってしまうか、今後も友達を続けられるか・・・、それははあなたの「女子力」のみならず、「人間力」にかかっているといえます。

もともと友達関係だった彼は、あなたのことを「女として好き」の前にすでに「人間として好き」だったはず。つまり、あなたのことを失いたくないことには変わりありません。彼があなたの本当の気持ちを理解したならば、

  • 「オレも男だ!振られたことは受けとめよう!でもこれからも友達としてよろしくな!」

と、男らしく気もちを切り替えてくれるに違いありません!それは、女としての魅力(それは重要ですが)以前に、あなたの人間としての魅力の真価が問われる状況かもしれません。

おわりに

筆者には20年来の異性の親友がいます。おたがいに既婚で子持ち、国籍も年齢も住んでいる国も生活環境も全然違いますが、その友情は年々深まっている、と感じています。

すべての異性とそうなれるわけではないからこそ、男女間の友情、大事にしたいですね!!

(photo by http://www.ashinari.com/2009/05/10-019724.php?category=265

この記事で使われている画像一覧

  • 20110817134935

本記事は、2011年08月17日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る