生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. メールアドレスを間違えなく伝える工夫

メールアドレスを間違えなく伝える工夫

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

人に自分のメールアドレスを教えるとき,貴方はどうされるだろう。
メールアドレスはアルファベットと数字のみで構成されるため,言い間違いや聞き間違いが発生しやすい。

アルファベット編

英単語をアドレスとされている場合,その単語を言った方が早くわかりやすい時がある。
たとえば,「apple」の場合,「エー,ピー,ピー・・・」というのではなく,「アップル」といった方が早い。
その他,外国人はこんな工夫をしている。

「a for apple, b for baby, c for cat, d for dog・・・」

そのアルファベットの後にその文字を頭文字とする単語を並べるのだ。
日本人には馴染みのない方法かもしれないが,英語圏では子供にアルファベットを教えるときこの方法を用いているからなじみ深い。

数字編

特に多発するのは,1「いち」と7「しち」の間違いだ。
これを回避するためには,7を「なな」と読む工夫がある。
その他,4をよんと読んだり,9をきゅうと読む等,工夫はできる。

関連ライフレシピ

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る