生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon childcare育児・教育

  1.  
  2.  
  3. できるだけ安全に。子供のインターネットの始め方

できるだけ安全に。子供のインターネットの始め方

2013年03月08日更新

 views

お気に入り

はじめに

最近のインターネットは便利ですよね。楽しむだけでなく、学習も出来ます。お子さんが始めるのも不思議はない時代となりました。

とはいえ、親御さんが子供のころには無かったツールです。その使わせ方には悩む所ですよね。

インターネットは、他人とのコミュニケーションをとる場でもありますけど、まずは、お子さんと親御さんとのコミュニケーションツールとして活用してみてはいかがでしょうか。

いきなり子供任せにするのではなく、お子さんと親御さんと、一緒に使いながら始めていくのがいいと思います。

用意するもの

約束事を書き出した誓約書

子供との間に、約束事を決めておきます。それを子供自身に書かせましょう。決め事としては、使用時間、使用時間帯、アクセスしてよいサイト、やって良いこと、など。

インターネットは自主規律が大事な世界です。子供が納得するまで話し合いましょう。親御さんの判断で、ココまでは守ってほしい、と、思ったことを子供が納得しない場合は、始める時期ではありません。

子供の成長過程で、素直に受け入れてくれる時期と、そうでない時期があると思いますので、素直に受け入れてくれるうちに始めさせるのも手かもしれません。

インターネットは言葉でコミュニケーションをとる場です。そのことを、お子さんに説明しましょう。気になるような言葉を、普段話すときに使っていたら、その点なども話しておきましょう。

怖いサイトがあること、犯罪者に狙われることなど、注意事項も伝えておくべきだと思います。あわせて、対策方法があることも伝えましょう。

親側の準備

ある程度、子供の判断に任せてやらせるためには、親御さんとしても必要最低限の処置は事前にしておきましょう。

親御さんはパスワードの管理をしっかりしてください。子供が勝手に親御さんが訪れているサイトや、親御さんのメールを閲覧できる状態を作らないようにしましょう。

そのサイト自体が無害でも、サイトから別のサイトへ渡り歩くと危険ですし、メールも迷惑メールを見てしまうと大変です。

フィルタリングも活用

有害サイトへのフィルタリングも必要です。フィルタリングソフトなどを活用しましょう。

導入部として、利用してほしいサイトを探しておくのも良いと思います。

インターネット開始

子供がインターネット利用を始めたら、アクセスしているサイトなどのチェックをしておきましょう。アクセスしたサイトのアドレスは、記録されているので、そこをチェックすれば見られます。

子供から直接話しを聞くのがお勧めです。ネットで何をしているのか、ネット上のお友達は居るのか居ないのか、など。

禁止するより、話を聞きながらチェックを入れた方が、上手に教えられるかもしれません。

終わりに

インターネットは個人的なモノというイメージがありますが、子供の場合は放置したりせずに、常に関心を持って見守りましょう。

本記事は、2013年03月08日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る