生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 肉食系はもう古い?!魚食系男子の特徴と攻略法

肉食系はもう古い?!魚食系男子の特徴と攻略法

2011年08月09日作成

 views

肉食、草食という区分けが一般的なものになって久しいですが、最近はさらに細かい分類がされるようになってきました。

そう、肉でもなく、野菜でもなければ、です。肉により近いような、でも肉よりはガツガツしていないような…。そんなポジションにいる男子って、案外多いと思いませんか?

そこで、魚食(うおしょく)系男子の特徴と攻略法をご紹介します。

目次

魚食系男子の特徴

釣り好き

魚だけに釣りって!という声が聞こえてきそうですが、そう単純な話でもありません。肉食系男子が狩りを好む肉食獣のように攻めるタイプであるように、魚食系男子はじっと待つ忍耐の人なのです。

実際に釣りを趣味としている場合もあるでしょうし、釣りはしなくても、好きな人が振り向いてくれるのをじっと待つ忍耐力を持ち合わせているでしょう。

その忍耐強さは、一歩間違うとストーカーに転じる可能性も?!

知的

マグロの目玉にはDHAが豊富だというのは、知っている人が多いのではないでしょうか?このDHA、脳の発達を高めたりすることから、頭をよくすると言われています。

魚食系男子の多くは、肉食系男子のように「本能のまま」という感じでもなく、草食系男子のように「気が弱く大人しい」という感じでもなく、どことなく知的な雰囲気を醸し出しています。

器用

肉と比べて調理の下ごしらえが難しいのが魚。魚食系男子は、手先が器用で、料理も上手な人が多いでしょう。もしも実際にそうではなくても、器用そうに見える、料理が出来そうに見える人が多いはず。

冷静

釣りは落ち着いた気持ちでなくては出来ません。魚食系男子は、冷静かつ落ち着いた雰囲気を持つ場合が多いでしょう。

魚食系男子細分類

さらに細かく魚食系男子を分類してみましょう。

塩焼き系

魚食系の中で最もワイルドさを持つのが、この塩焼き系。素材そのもので勝負、小手先の小細工を嫌う一本気な男らしさを持っています。

照り焼き系

砂糖と醤油のバランスがいい照り焼きは、和風味だけどマヨネーズにも合う万能選手。照り焼き系男子は、如才なく周りに合わせられる器用さを持っています。

煮魚系

おふくろの味、煮魚。忍耐強い魚食系の中でも最も粘り強いのがこの煮魚系。じっくり味を染み込ませた煮魚のように忍耐強く、人の話を聞くのが得意です。

ムニエル系

魚食系の中で最もシャレっ気が強いのがムニエル系。ちょっとナルシスト気味なところがあって、女性の外見にもこだわるところがあります。

お刺身系

生魚をそのまま食すというとワイルドなようですが、綺麗にさばいて盛り付けて、と案外繊細なのがお刺身。お刺身系男子は、繊細でこまやかな印象です。

魚食系男子攻略法

ちょっと知的で冷静、落ち着いた印象の魚食系男子。基本的には攻められるより、自分でこれと決めた相手を獲得することに喜びを感じるタイプです。

では、そんな魚食系男子を好きになってしまったらどう攻めたらいいのでしょうか?

釣られてあげる

魚食系男子は、恋に対して主体的であることを望みます。なので、女子側からのアプローチには引いてしまいがち。

自分からぐいぐい攻めず、あくまでも「男子側から攻めてきた」という形を大切にしましょう。

男子側は自分で釣りあげたつもり、でも実は女子が自分から釣られてあげた、という形が望ましいでしょう。

共通の趣味を持って同じサークルに入ったりすると、自然な形で彼の釣り堀に入ることが出来ます。
特に照り焼き系ムニエル系男子に有効な方法です。

尊敬してあげる

男子は一般的に、女子からの「○○くんてスゴ~イ」という称賛の目に弱いもの。知的な魚食系男子だって、例外ではありません。

彼の語るウンチクに耳を傾け、「○○くんてすごいね!」と目を輝かせてみせれば、彼があなたともっと一緒にいたいなと思う日も近いでしょう。

特に塩焼き系煮魚系男子に有効な方法です。

自分も尊敬される存在になる

魚食系男子は、自分が褒められたいからと言って、女子にはおバカさんでいてほしいというタイプではありません。お互いを高めあえる、尊敬し合える関係を望みます。

あなたも何かの分野の知識を深めたり、自慢できる物を身につけて、何かの折に彼に披露してみましょう。

自分にはない知識を持つあなたに、一層の興味を持ってくれることでしょう。

全ての魚食系男子に有効な方法です。

おわりに

魚食系男子の特徴と攻略法が、なんとなくわかったのではないかと思います。あなたのまわりの魚食系男子攻略に、是非活用してみてくださいね。

本記事は、2011年08月09日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る