生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3. 元カレが復縁を迫ってくる、でも友達になりたい、そんな時の対処法

元カレが復縁を迫ってくる、でも友達になりたい、そんな時の対処法

2011年08月08日作成

 views

時々、「昔は恋人、今はいい友達関係」という、大人の雰囲気あふれる(?)男女がいますが、純然たる男女間の友情って、実はけっこうハイレベルな人間関係です。

だって、「恋」と「友情」って全然違うもの!もし、元カレがあなたとヨリを戻したい、でもあなたは友達としてつきあっていきたい…、そんな場合はどうしたらいいでしょう!?

目次

逆の立場だったらどうする!?

友情とは残酷なもの!?

まずは、立場を逆転させて考えてみましょう。もしあなたが別れた彼のことを、実はまだ本当に大好きで、どうしても他の男なんて考えられない、彼のことが忘れられないでいるとします。

それで、思い切って彼に復縁をせまったところ、彼のほうはあなたに対していまや恋愛感情またくなし。でも、あなたは性格もいいし、話していてもおもしろいから、今後は友達としてつきあっていきたいな、と彼が思ったとします。それで、

「これからは友達でいよう。友達としてだったら、これからも時々電話したり、食事をしたりしよう」
と、彼に言われたらあなたはどうですか?彼は恋愛感情一切なし、その上で普通に友達として電話も食事もOK、一方、あなたのほうは彼の一挙手一投足にドキドキしたり、せつなくなったり、別の女の子に関する話題がでると苦しくてたまらなくなったり。

あなたは彼が好きだから、何度もメールしたり、声が聞きたいときには電話して、会いたいときには会うことも。

あなたは彼と幸せだった時のことを思い出して、疑似恋愛を楽しんで、その時は満たされるけれど、彼はただ友達としてそうしているだけ、本当の気持ちはすでに別の人に…、なんていう状況だったら…!?

悲しすぎませんか!?

つまり、一方的な友情は、とっても残酷になり得るのです!

あなたは同じことを彼にしようとしていなかったでしょうか?

今一度、彼に確認しよう

ですからもしあなたが、復縁を迫る彼に対し、まったく悪気はなく、むしろ好意的だったとしても、「友達ならいいよ」という態度をとって、彼がつらくなってしまうのは当然かもしれません。まだあなたのことが好きなのですから!

好きな人と友達なんかでいられないのはあたりまえ。彼が「わからずや」なのではありません。

どうしても友達が無理、と彼が言うなら、あなたが友達でいたくても、スッパリ決別するのが彼のためではないでしょうか。

彼に恋をあきらめてもらうかわりに、友情もひとまずあきらめる、ということです。

「友達なら…」という善意がむしろ凶器となって、彼を中途半端に苦しめることとなってしまわないよう、これ以上悩みをひっぱらず、彼が次のどちらにあてはまるか、今一度確認しましょう。

  • A.「友達なんてムリだ」

  • B.「わかった。友達としてよろしく」

彼がAを選んだら、彼にはあきらめてもらうましょう。彼にとっての難題(友達でいよう)をふるのはやめ、当面はきっぱりした態度をとりましょう。時間がたてばまた状況も変わってくるかもしれないですが…。

ではもし、彼がBを選んだら…!?

友達として…

彼も気持を切り替えて、今後友達として新しいスタートすることができたら素敵なことです。男女間の友情っていいもんです。

セックスを連想させない

恋愛関係と友人関係の一番わかりやすい違いは、カラダの関係の有無。あなたが今後彼と友達関係を築いていこうと決心したなら、これからはセックスを連想させる服装や場所、話し方には配慮して、サバサバモードでいきましょう!それもある意味、男女間の友情を持続させるワザ、というかマナーといえます。

おわりに

とはいうものの、男女の関係って、定規でピシーッとひいたみたいになんかいかないものですよね、そこが難しくもあり、面白くもあり、です。「恋愛」でも「友情」でもない「友愛」って言葉もあるぐらいで、どっちともつかない不毛な友愛関係に翻弄されつつ、楽しんでいる大人の男女も多い世の中。

彼の気持ちをうまくリードして、元カレから、いい男友達になれたら最高ですね!グッドラック!

(Photo by http://www.ashinari.com/2010/10/29-037010.php?category=317)

この記事で使われている画像一覧

  • 20110806130230

本記事は、2011年08月08日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る