生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon childcare育児・教育

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 寝てくれない赤ちゃんを「巻いて」寝かせる方法

寝てくれない赤ちゃんを「巻いて」寝かせる方法

2012年08月24日更新

 views

お気に入り

はじめに

寝てくれない赤ちゃん

生まれて間もない赤ちゃん、寝るのが仕事なハズなのに、なかなか寝てくれないことがありますよね。

授乳してようやく寝た!と思って布団に下ろそうとすると

泣き出す→再び抱っこ→ようやくウトウト→布団にそぉっと下ろそうとする→やっぱり泣き出す→再び抱っこ(以下繰り返す)・・・

こんな調子では、赤ちゃんもお母さんも身体を休めることができません。

精神的にも疲労とストレスが蓄積され、様々な意味で悪循環になってしまいます。つい数ヶ月前までは、自分がそうだったので、よ~くよ~くわかるのです。

試したこと

そこで実際に色々なコトを試してみました。

  • 息をひそめて少しずつ少しずつ下ろす
  • 温度差を防ぐためにベッドを暖める
  • 息子の呼吸のリズムと自分の呼吸リズムを合わせる
  • なるべく直前まで胸と胸とがくっついているような姿勢をとる
  • 胎内にいた時の姿勢に近づけるため背中を丸めるように置いてみる
  • 部屋の照明を落とした中で授乳する
  • 頭の中でぐっすり眠る息子の顔をイメージする(想いが伝わるかしらと思って、笑)

でも、結果はイマイチ。たまに上手く寝付いてくれる時もありましたが、必ず上手くいくとは限りませんでした。残念。

タオルでぐるぐる巻きがいい?

さらに必死の思いでインターネットで調べて見ると、どうやらタオルでぐるぐる巻きにするのが良いらしい、と。

結構ぐるぐる巻きを勧めている人は多いですが、でもでも赤ちゃん苦しくない?骨格に悪い影響があるんじゃない??第一、かわいそうじゃない???って不安に感じますよね。

結論から言うと、個人的には効果的だと思いますよ。

では、実際にやってみましょう~。

ポイント

ポイントは

「手が動かないようにタオルでしっかりめに巻くといい。」

です。

どうやら胎内にいた雰囲気を再現してあげると良いみたいですね。あの狭苦しさが安心感につながっているのかもしれません。

具体的なやり方

では、具体的なやり方をご紹介します。

STEP1

タオルを赤ちゃんの体の下に敷きます。
真ん中より少し左に赤ちゃんの体が寄る位置が良いでしょう。

STEP2

赤ちゃんの体の左側のタオルを巻きつけ、右側のわきの下へ巻き込みます。

STEP3

赤ちゃんの体の右側のタオルを左側の体の下へしっかり巻き込みます。

おわりに

うちの子、ようやくコレで寝付けるようになりました。

写真で見てもらった方が判りやすいですよね。実際はこんな様子です。

というわけで、困っている方は是非ともお試しください♪

この記事で使われている画像一覧

  • 20100702002406

本記事は、2012年08月24日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る