生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 彼氏・彼女と性欲に差がありすぎる場合のセックスの対処法

彼氏・彼女と性欲に差がありすぎる場合のセックスの対処法

2011年07月13日作成

 views

お気に入り

人間のセックスは、動物のように種族保存のために本能的にするものだけの目的ではありませんね。なので、恋人とのセックスの相性がどれだけ新鮮で楽しいかということは重要になってしまいます。

「セックスするよりも二人で添い寝しているだけで幸せ」という女子もいますし、一方で性欲発散は風俗でやってきて、彼女とは清い関係でいたい男性もいます。

ただ、人間の性(さが)として、ほどほどに良いセックスをすることは、お互いをよく知るために必要なことです!こうしたセックスに対する意欲の差をどう埋めるかについて紹介してみます。

他にも男女の「性」に関する情報を紹介!
セックスで悩んだ時に読みたいハウツー

目次

パターン1:彼氏がセックスしたがって彼女はあんまり…な場合

彼氏の性欲がもっぱら自分に向かっているのに、彼女のほうはあまり乗り気でない場合を考えてみます。

本来、女性は男性と違って性欲がわかなくてもセックスはできないこともないので、渋々つきあうことになりますが、彼が早く終わってくれるのを待つだけの味気ないセックスになってしまいますよね。

あと、男性側にデリカシーがない場合があります。彼氏からいきなり「エッチしよう」という態度を取られるよりも、二人でお互いにじゃれ合っているうちに自然とセックスに突入するというのが理想的ですね。

ベッドでじゃれあっているうちに自然とセックスになるように心がけてみては?

パターン2:彼女がセックスしたいのに彼氏があんまり…な場合

男性の性欲が単に放出欲と結びついた単純なものであるのに対して、女性の性欲は少し違うのです。

女性がセックスをしたいのは、自分が気持ちよくなるためというよりは、実は彼氏が自分を見て興奮してくれて、満足するのを確かめたいという欲求の方が強いのです。

だから、このケースでは彼氏から快感を与えてもらうよりも、彼氏が快感を満喫している様子を見せてもらうこと(=自分から興奮させようと努力すること)の方が必要です。

女性を満足させようと思うから、男性はセックスが面倒になるのであって、自分の興奮を見せつけるようにお願いしてもらえば、それほど嫌がられないのでは?

彼氏に興奮を見せつけてもらいましょう!

パターン3:彼女も彼氏もセックスしたがらない場合

いわゆるセックスレスカップルということになりますが、実は二人がそれで満足していれば、それほど困りません。

困るのは、プラトニックラブのような関係を続けているうちに、いつしか付き合っているのかいないのか、恋人なのか友達なのかわからない関係になっていくことです。

彼氏にとっても、「この女性は自分だけのものだ」と思っていなければ、あなたにとっても不満でしょう。そこで、恥ずかしくて誰にも見せられないはずの行為をお互いに見せ合ってみるのはどうでしょう?いつしかエッチな気分になって、相手を求める気分になるかもしれませんよ。

たまにはお互いの恥ずかしい行為を見せ合うことでエッチな気分になってみては?

パターン4:彼氏の性欲が強すぎる場合

単なるセックスの回数だけではなく、さまざまなテクニックを研究したがるタイプの男性がいます。

このタイプの男性の言うとおりにつきあっていると、変態的な行為にまでエスカレートしてしまう傾向がありますので、女子としては「つきあえること」と「受け入れられないこと」の境目をはっきりさせておく必要があります。

自分でも楽しめる程度に、性の追求をしてみるのが良いでしょう。でも受け入れられないことははっきり告げましょうね!

パターン5:彼女の性欲が強すぎる場合

会うたびにセックスしたかったり、一晩に何回も求めてしまう女性は他にもいますよ。大丈夫です!でも、これは性欲が強いというよりは、自分が愛されているということをセックスでしか確認できない場合が多いのでは?

こういう女子のあなたには、むしろ昼間のデートで、たっぷりご馳走してもらったり、チヤホヤしてもらったり、他の欲求を満たしてもらうことをおすすめします。そうすれば次第に夜のセックス要求は落ち着いてくるのでは?

女性は、精神的にも肉体的にも愛されていることを確認すれば、それで満足する場合が多いですよね。

彼氏に昼間にチヤホヤしてもらいましょう!

おわりに

愛のあるセックスを適度な回数することで、二人の関係はいっそう良いものとなっていきます。一方が相手の性欲処理係にならないように、うまく立ち回ってくださいね。

(Photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20110727163325

本記事は、2011年07月13日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る