生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. キャバ嬢を本気で口説き落とす極意伝授します!

キャバ嬢を本気で口説き落とす極意伝授します!

2011年07月13日作成

 views

キャバクラに行って、キャバ嬢を好きになってしまった。彼女を本気で口説きたい。どうしたらいいか?

華やかな彼女たちは人間相手の商売のプロフェッショナル。同世代の女子よりもずっと人間のあらゆる面をみてきています。

あなたの「口説きたい」の本気度はどれぐらいでしょうか?中途半端な気合いはそれなりに扱われてしまいますよ!

あなたの本気度を自問しながら、以下のプロセスをシミュレーションしてみてくださいね。

目次

まずは当然客からの出発

日常生活の中で、たまたま偶然知り合った女の子がキャバ嬢だった、という場合をのぞき、あなたと彼女の出会いは、お店の人とそのお客。

だったらまずは「一人の男として」の前に、「客として」どうか、からのスタートですネ。店の女の子に対していばらない、からまない、悪酔いしない、黙りこまない、ケチな態度をとらないなど、お客さんとして「マナーが良くて、楽しく話しやすい人」をこころがけましょう!

同伴する

お店の子を好きになってしまった以上、最初からお金をかけずに会いたい、はムシのいい話で、「同伴」という形で彼女やお店に貢献するスタンスを示しましょう。

二人きりで会ううちに、「彼女もこちらに気があるかも」と思うかもしれませんが、そう思わせるのが彼女の仕事だということを忘れずに。

すぐに「相手も気がある」と舞い上がらないで!ここでは客としての誠意を示します。

お金を払っているのだから、と横柄な態度をとったり、平気でダサい服装で同伴では仕事中の彼女に失礼です。

彼女を困らせない

彼女は仕事として「キャバ嬢」をやっていることをよく理解しましょう。つまり、親しくなってきたからといって、他の客に嫉妬したり、自分の所有物のようにあつかったりお金を払わず過剰なサービスを要求すれば、あなたは「最もウザいタイプの客」になってしまうこと必須です。

いよいよ非番の日を聞く

何度か店に通い、同伴という形で会って食事をしたりしつつ、まずはあなたがお客として紳士で誠実でお金にもケチケチしないスマートで洗練された人であることを充分相手にわかってもらったところで、いよいよ彼女の非番の日、つまりお休みの日を聞いて、プライベートで会えないかを打診してみましょう。

彼女があなたに対して好感をもっていたら、きっとOKしてくれるでしょう。

反対に、ここで「まだ決まっていないんです」とか何度もうまくかわされてしまったら、脈はうすいかも。嫌われたくなかったらしつこくしないで、頃合いをみて再チャレンジ!

いよいよデートとなったら

「同伴」でも「アフター」でもない、彼女のプライベートな時間にデートできることになったら、いつも会っている空間とはガラリと違う、動物園や遊園地などで、自然体のあなたをアピールしましょう!

仕事を離れれば彼女も普通の若い女の子。素の彼女を存分に引き出して、「いつもおつかれさま」、と思いっきり甘えさせてあげましょう!

お互いプライベートで会った時、本当の相性がわかります。あなたが彼女のことが本当に好きだったかどうかもわかりますね。

おわりに

さて、あなたの彼女を口説きたい、度合いはどれぐらいなのでしょうか。

  • とにかくまずはプライベートで会ってみたい
  • ズバリ、カラダの関係を持つのが目的
  • 本当に好きになってしまった。生活を共にしたい

のどれに一番近いのでしょうか?キャバクラで仕事をする彼女は、目標のためにお金をためているひたむきながんばりやさんです。

お店で見る印象だけで、ただいたずらに追っかけるだけでなく、「彼女を人生の夢を共に追いたい!」「夢の実現をオレが手助けするんだ!」ぐらいの気合があれば、彼女のハートはきっと動きますよ!がんばってください。

(photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20110712121344

本記事は、2011年07月13日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る