生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. なんで!?実は男ウケの悪い水着7選

なんで!?実は男ウケの悪い水着7選

2011年07月13日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

夏と言えばやっぱり海、プールですよね。そして、そこに遊びに行くためには、やっぱり水着です。この水着、服よりもハッキリ体型が出てしまうので、なかなか選ぶのに気を使いますよね。

自分に似合うということや、好みであるということももちろん大事だけど、出来れば彼氏や男の子たちに「水着姿可愛いな」とときめいてもらいたい!という気持ちもあるのではないでしょうか?

でも、女性が「彼が好きそう」と思って選んだ水着が、実は「残念!」と思われてしまう可能性があるって、ご存じでしたか?

そこで、そんな失敗を犯さないために、実は男性受けが悪い水着7選をご紹介します。水着選びの参考にしてくださいね。

1:フリフリの可愛い水着

シンプルな水着は身体のラインが出過ぎて恥ずかしい…と思うと、ついついフリルに頼りたくなってしまう人もいるようです。

でも、甘~く可愛いフリフリの水着に抵抗感を示す男性は案外多いものです。

肩がフリルなら下はヒラヒラじゃないショートパンツタイプにするとか、下がスカートタイプなら上はシンプルなタイプにするとか、甘辛ミックスを心がけましょう。

2:洋服みたいな水着

これもまた、身体のラインが出るのは恥ずかしい!と思うあまり選んでしまいがちな水着です。

でもせっかく海やプールに来ているのに、普段と違和感がない水着ではちょっとガッカリしてしまうのも、男ゴコロ。

あんまり「そのまんま街着」みたいな水着は避けましょう

生地も、服地のような厚地のものはオトコ受けが悪いようです。水着は水着らしいのがお勧めです。

3:ハイレグ過ぎる水着

腰骨の上の方までくびれたハイレグ水着は、バブルの頃に流行ったなぁ…という懐かしさが匂ってしまいます。

とにかく昔っぽい、昭和っぽい空気を醸し出してしまう上、その激しい切れ込みは大丈夫なのか?!と不安感をあおります。

肌面積が多い=嬉しいというわけでもないのが、複雑な男ゴコロです。

4:肌が見えすぎな水着

夏は女の子が薄着になって、あちこちチラ見えしちゃう感じが嬉しい。嬉しいけど、あくまでチラ見えがいいんであって、あんまりモロに見えちゃってるとそれはそれで困ってしまうものです。

彼女だったらもちろんですが、相手が恋人未満の女の子だとしても、女友達だとしても、見ていいのか見ちゃダメなのか、周りの視線も気になるし、もう困ってしまいます。

そういうのはあくまで、個人的な関係になってから、海外のプライベートビーチくらいまで取って置いてもらいたいものです。

5:どうなってんの?的水着

これまた雑誌でしか見かけないような、どういう作りかよくわからない感じの水着です。

色っぽければいいってわけではないのです。ここまで行ったらなんかもう、どうしたらいいのかわかりません

周りの視線も気になって気になって仕方ありません。

6:盛り過ぎ水着

普段明らかにそんなに大きくないでしょ的な女の子が、谷間モリモリの水着で来ると、それもSFX的な要素を感じてちょっと怖がられてしまいます。

「それ…3D?」と聞かれてしまうかも?!

また、厚いパッドは素材に寄っては、水から上がった時にそこからやたら水が滴ったり、おかしなことになってしまう場合も。

7:目の錯覚利用水着

ここまでの極端なものはあまりないかもしれませんが、細く見せるためのラインが入ったもの、切り替えのあるものはよくあります。

一瞬あれ?と思わせるからこそ、却って現実が立ちはだかるものです。あんまり目の錯覚に頼るのも考え物です。

おわりに

結局、水着は水着らしく、シンプルなラインのものが好まれるようです。

あと、当然のことではありますが、ヘアのお手入れがきちんとしていないとか、胸元がゆるくて中が見えてしまうとかは絶対NG。だらしない印象を与えてしまいますよ。皆さんも上手にモテ水着を選びましょうね!

1枚のイラストで解説!

(image by mimiwa)
(image by nanapi編集部)

この記事で使われている画像一覧

  • 20110711081652
  • 20110711090403
  • 20110711122321
  • 20110711123201
  • 20110711130507
  • 20110711131227
  • 20110711165320
  • D8378721 45fd 45e2 996d fee777d3a90c

本記事は、2011年07月13日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る