生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 合コンでモテたい女子必読!ココだけは押さえておきたいポイント

合コンでモテたい女子必読!ココだけは押さえておきたいポイント

2011年07月08日作成

 views

合コンへの参加はそれなりにあるけど、なかなか進展がない、なかなか友達から次に繋がらない、好きな人に巡り合わない、なかなか「今日は良かった」という手応えがないという女性も多いのではないでしょうか。

出会いを求めて合コンに行くからにはモテたい!というのが、合コンに参加した女性の本音だと思います。

しかし、なかなかうまくいかない。どうすればモテるのかというのは、合コンに参加している女子の永遠のテーマではないでしょうか。

そこで、合コンに参加するうえでココは押さえておきたいというテクニックをまとめてみました。

目次

モテるファッション

まずは、モテるファッションです。日頃クールな子やボーイッシュな子でも、合コンの時は「女の子!」という格好で行きましょう。第一印象はとても大事なうえに、合コンという場の短時間でモテるには、見た目の印象はすごく大事です。

見た目の印象で大きく変わるというのは、人間は約9割の感覚を視覚から得ているからです。その9割を「男の子っぽい」という印象にしてしまうよりも、「女性らしい」にしたいですよね。

視覚から「女性らしい」にしてしまうには、ファッションを女性らしくするのが一番早いのです。髪がロングの方は、日頃巻かなくてもコテでクルクルと巻き髪にしてみましょう。髪が短い方も、フワフワにセットするなど、いつもと違った雰囲気にしてみましょう。

合コンの服装が具体的にどういった格好かというと、コンサバだったりガーリィーな雰囲気のものです。雑誌で言うとCanCam・Rayなどです。

CanCamやRayなどは、女性らしさを全面に押し出したファッションが多く掲載されています。男性は、女性らしさを求めているもの。こういったファッション雑誌を参考にすると合コンの際に役立つと思います。

モテるトーク

合コンではトークが大事になってきます。せっかく女の子らしい格好をして行っても、会話が弾まずシーンとなってしまうと合コンが台無しです。

プロの芸人さんでもすべらない話をするときはネタ帳を持参していきます。そこで、芸人さんの様に合コンにはトークのネタをいくつか用意していきましょう。

プロの芸人さんの行動からも、素人がネタなしに話をするというのは、なかなか難しいという事がわかりますよね。

さて、肝心なネタですが話の入り口として無難なものをいくつか紹介します。

  • シリーズ物の映画の話
  • 仕事・学校の話
  • 携帯・スマートフォンの話
  • 休みの日の過ごし方の話

どれも誰でも話に入れるものです。特にシリーズ物の映画の話などは、最新作を見ていなくても前作を見ている可能性もありますし、メジャーなものだと話しやすい内容だと思います。

みんなが話しやすい話題を提供することで、みんなに気を遣えているという印象が残りますし、この合コンに対して積極的だという印象が残ります。

これは裏技的というか秘訣ですが、格好良い人には格好良い、オシャレな人やものにはオシャレとはっきり伝えたほうがモテます!恥ずかしがらずに、さらっと言うのが良いようです。

モテる合コン後の行動

合コンでモテる子は、食事の2~3時間だけで終わりません。かといって「みんなで連絡先交換しましょう!」とは、なかなか言いづらいもの。

そこで、次の行動はプリクラです。みんなで記念にプリクラを撮ろうといって嫌がる男の子はいないはず。「せっかくの機会なので」と言うことで、楽しい合コンだったと伝える代わりにもなります。

そしてそして、プリクラの力はそれだけではないのです。今のプリクラの機械は携帯にプリクラの画像を送ることが出来ます。そこで、自分の携帯にプリクラの画像を送ります。

みんなに携帯の画像を送りたいから、連絡先を教えてほしいと相手側の幹事に聞きます。たとえ自分の良いなと思った相手が幹事でなくても、連絡先は幹事に聞くと聞きやすいですし、合コンメンバー全員にばれることもありません。

しかも、参加者みんなの連絡先を聞くことが出来、次につなげやすい状態を作る事が出来ます。

ごくごく自然に連絡先を聞くことが、合コンでモテる方法の1つです。合コン後は、みんなでプリクラを撮ってみましょう。

自分が○○しよう!と発案することでノリの良さを見せれますし、そのあとのフォローが細かいと気の利く子という印象が残せます。

おわりに

いかがでしたでしょうか。合コンでモテる女子になるのは、なかなか難しいもの。自分が良いと思ってしたことも、相手のツボにはまらなければモテません。

しかし、モテるために自分なりに自分を高めておくことは出来ますよね。せっかくの出会いがより良いものになるように、参考にしてみてください。

(Photo by http://www.ashinari.com/2011/06/08-347958.php?category=174)

この記事で使われている画像一覧

  • 20110706161330

本記事は、2011年07月08日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る