生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon moneyマネー

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 金利が高い銀行の選び方・預け方

金利が高い銀行の選び方・預け方

2012年09月15日更新

 views

お気に入り

はじめに

昨今の日本の経済不安から給料の大半を貯金するって人は多いと思います。

しかし、ただ預・貯金をすると言っても銀行によって金利はさまざまです。
どうせ預けるなら金利の良いところで賢く貯めたいものですよね。

店舗型銀行とネット銀行、金利はどっちが高い?

最近ではネットバンクも増えてきました。

実際に店舗がないため、不便に思う方も今までは多かったかもしれませんが、コンビニにもATMが設置され、比較的どこでも使えるようになりネットバンクでも利用しやすい環境ができています。

しかも金利の方はと言うと、店舗型の銀行よりもネット銀行の方がお得です。

というのも、ネット銀行には受付する人などの人件費がかからない分その費用を金利に還元することができるからです。

どちらが金利が高い?「預・貯金のバリエーション」

とは言いつつ、預けるのにもいろんな預け方や種類・金額など人それぞれです。

普通or定期

預金にも普通預金と定期預金がありますが、引き出す予定がないお金であれば間違いなく定期預金にして高金利を狙いたいところです。

短期or長期

こちらもそうですが、まったく引き出す予定がない場合は短期的に預けるよりも長期のほうが金利はよくなります

預ける金額

最後に預ける金額です。
小額からでも預金することはもちろんできます。
しかし預ける金額が増えるほど金利が良くなる銀行が多いです。

まとめ

金利がいいのはどっちだ?と考えると、以下のようなまとめになります。

  • ネットバンク ≧ 店舗型銀行
  • 定期 > 普通
  • 長期 > 短期
  • 多額 > 少額

 
金利ひとつとってもそれぞれ異なります。みなさんも、賢く上手に資産運用しましょう!

(Photo by http://www.flickr.com/photos/yourdon/3274924701/)

この記事で使われている画像一覧

  • 20100628154858

本記事は、2012年09月15日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る