生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3. 今度こそは成就させたい!復活愛で守るべき3つの約束

今度こそは成就させたい!復活愛で守るべき3つの約束

2011年06月22日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

ある日突然の別れ。「もう貴方とはやってられない」と見切りをつけた、「もう無理なんだけど」と言われてしまった・・色々な理由で恋人に別れがきます。

新しい恋にスタートを切る人も、しばらく恋愛したくないと言う人も、別れた人を忘れられずにいる人も・・・いますよね。

そんな中、見事に元カレ・元カノと復活を遂げてラブラブを再スタートするカップルも結構います。別れたことでより愛が深まる!?って言いますよね。

どんな事情であれ一度嫌いになった相手とまたやり直すことになった、二人の心のヒダヒダにある感情はきっと複雑なんでしょう。

めでたく復活させた愛を今度こそは成就させたい!その為には復縁後にお互いが守るべき約束事があるはずです。

約束その1:もう1度恋しよう!

ベタですね~。今さらですよね。でも今こそ大事なところです。ちゃんと自分の好きな人の好きなところを確認しましょう。

別れた原因は?

  • 性格の不一致?
  • 一方的な不貞行為?
  • ウソをついた?

原因が両方にあるのか片方にあるのかは別として、今ある現実を見てみましょう。

再びくっついた=やっぱりあの人が好き!

どうしようもなく本当に悪い人だったらそれっきり、顔も見たくないでしょうから。

離れてみて、相手の良い所とか自分への愛の深さだとかがわかったからこそまた好きになったのでしょう。

だから好きという素直な気持ちで

もう1度恋をはじめよう!!

嫌いな部分はもう百も承知「やっぱりココは嫌いだな」でとどめておきましょう。

約束その2:封印しよう!

いろいろあっての復活ですから、お互いの為に忘れることも大事。忘れられなくても封印しましょう。

他人同士ですから性格や習慣で理解できない、嫌なところがあるのは仕方ないのです。

  • 不誠実な事があったのならとことん謝る
  • 今度は絶対仲良くしようとお互いが強く誓う
  • 納得したらもう責めない

二人が同じ気持ちで再スタートするなら、振り返るのはやめましょう。

別れるに至った時の自分の気持ちを封印すること

もうひとつ、別れていた間のことを詮索するのも避けたほうがいいですね。差し障りのないことを自分から話すのは構いませんが。

場合によっては離れている期間が長く、その間に他の人と付き合ったり、他の人を好きになっていたこともあると思います。

いくらまた好き同志になったとは言え、話したくないこともあるはずですから、そこは大人としての節度を持つこと。

離れていた期間のことも封印すること

約束その3:同じ石につまづかない!

もともと仲良かった二人ですから、お互いが考えることや言うことはわかりますよね。同じ人間ですから。

そして同じ人間が歩くのですから、きっと前と同じ道を同じように歩くと思われます。それは二人の付き合い方なのでいいと思います。

ただ同じ石につまづかないように注意が必要です。何か問題があった時にまた同じ展開にならないように、言葉のチョイスも大切です。

つい言いそうになるNGフレーズ

オマエは何でいつもそうなんだよ!

前にも言ったでしょ、そういうところダメだって!

どうせまた同じ事言うんでしょ!

ほら、そういうとこあるんだよね~。

お互いのことがわかってるからこそ、ついつい口をついて出そうですが要注意です。

また同じパターンで、せっかく封印した嫌な思いがよみがえりますよ。

ひっかかりのあるNGフレーズ

あなたのそういう所許せるのは私だけなのよ。

オレしかいないでしょ?

仲良くしている時に冗談ぽく言うのは問題ないのですが、タイミングが悪いと「また付き合ってあげたんだから」的な表現になってしまいます。

これは大きなひっかかりが生じますよね。危険な言いまわしは避けましょう。

つい言ってしまったことが大きくなり、今度こそ致命的な破局になることも・・・。

同じ石にはつまづかない=同じ過ちをしないこと

そして

ダメな所ではなくて、お互いのいい所をちゃんと口に出して言い合おう。

おわりに

さんざん喧嘩してお互いを分かりあって、相手の欠点も全部超越したところで、深く結びついたカップルもいます。倦怠期を通り過ぎたオシドリ夫婦のような。

そこまでいけばもう大丈夫かもしれませんが、できればもう悲しい思いはしたくないですよね。

「2度あることは3度ある」なんていうことにならないように気をつけて、ラブラブでいてくださいね。

(Photo by http://www.ashinari.com/2009/05/02-018585.php?category=48)

この記事で使われている画像一覧

  • 20110617153612

本記事は、2011年06月22日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る