生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 節水して節約する方法

節水して節約する方法

2015年07月25日更新

 views

お気に入り

意外と盲点、水道代

あなたは、水道代を気にして水を使っていますか? 実は、ほんの少し生活を変えるだけで、水道料金は簡単に安くなります。また、排水が少なくなるので、環境保全にも役立ちます。

トイレで節水

あなたの家のトイレは最新型でしょうか? そうでないなら、是非試してほしいのがペットボトル節水です。

旧型のトイレは、必要以上に大量の水を流しています。つまり、1回流すごとに、無駄な水道代を払っていることになるのです。

用意するのは、空のペットボトルだけ。その中に水を入れて、トイレのタンクの中に沈めます。それだけで、ペットボトルのサイズぶんだけの節水ができるのです!

サイズと個数は、トイレの水圧とタンクサイズで微調整が必要ですが(やりすぎると肝心なときに流れなくなる可能性も)、500ミリよりも大きなサイズのほうが良いでしょう。

お風呂で節水

あなたが一人暮らしなら、実はシャワーのほうがお得です。もちろん、使っていないときは止めておきます。

さらに、節水シャワーヘッドに付け替えれば、水圧は高くなり、水の量は減ります。一人あたり年間5000円の節約になるものもあるので、1年~1年半で元が取れるでしょう。

家族でお風呂を使うときには、ふたを閉めましょう。こうすることによって、湯気でお湯が減ることを防ぐことができます。

残り湯は洗濯で

お風呂の残り湯は洗濯機に移します。その際、電動ポンプを使いますが、電気代とポンプの購入費を差し引いても、残り湯のほうがお得です。1回90リットルで、毎日使うとすれば、月に800円ほど節約できます。

お湯で洗濯すると、汚れは落ちやすくなります。また、冬場によくある粉洗剤の溶け残りもありません。

歯磨きはコップに水を汲んで

水を1分間流すと、およそ12リットルの水を消費します。水をコップに3杯汲んで歯磨きをすれば、約0.6リットルで済むため、約11リットル節水できます。

この記事で使われている画像一覧

  • 20090830213401

本記事は、2015年07月25日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る