生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. アバンチュールなシーズン到来!ヤケドにご注意?夏恋の取扱説明書

アバンチュールなシーズン到来!ヤケドにご注意?夏恋の取扱説明書

2011年06月13日作成

 views

なぜ夏には「アバンチュール」な香りがするのだろう…。そして、恋をしたいあなたには「盆休み」より、「バカンス」という響きが似合う夏の連休。「夏」で「アバンチュール」で「バカンス」というフレーズを聞いただけで、もうすでに胸キュンしているあなた、そんな「夏の恋」の正体をひもときつつ、うっかりなことにならないための心構えを解説します!

題して「夏恋(ナツコイ)の取扱説明書」。今から読んでハッピーな夏を迎えましょ!

目次

なぜ人は夏に恋したくなる!?

なぜ人は夏に恋したくなるのか?それは人を、「自由」で、「開放的」で、「冒険したい」気分にさせるから。それは、単なる気分・気のせいではありません。その事例は、古今東西、あらゆる事象が証明しているのです!

古今東西・人類共通の夏の法則とは!?

ウッドストックにみる、ラブでピースでフリーなサマータイム

1969年、アメリカのウッドストックの野外で行われた、歴史的なミュージック&アートフェスティバル。「愛と平和を祝うために」50万人が集まり、裸で踊る男女は数知れず、愛を交わす人々、そしてなんと出産しちゃった人や死人まででてしまうほど、その過熱ぶりはとどまるところを知らない、一大イベントでした。

そんな歴史的なイベントが開催されたのは、夏まっただ中の8月15日から17日。夏だったからこそ、人々は裸になり、そしてラブ&ピースを高らかに謳いあげたのでしょう。

もし、極寒の北極で、吹雪の中、厚着をして開催されていたら、歴史的な盛り上がりにはならなかったでしょうネ。

ギリシャの賢人が示す、人が服を脱ぐ理由

ギリシャの賢人・イソップの有名な童話、「北風と太陽」。あなたもきっと、小さい頃読んでもらいましたネ。

旅人の分厚いコートを脱がせるために、北風と太陽が勝負します。北風は旅人のコートを吹っ飛ばそうとビュービューと強い風を吹かせます。するとコートが吹っ飛ぶどころか、旅人は「飛ばされまい」と、いっそうコートを強く着込んでしまいます。それに対し太陽は、暑い太陽の光をサンサンと旅人に注ぎます。すると旅人は暑さに耐えかねてついにそのコートを脱いでしまうのでした。この旅人を、美女やイケメンに例えるとイメージすると、なんだかワクワクしますね。

そうです、太陽の光は、男女問わず、服を脱ぎたくさせるのです!!

これらウッドストックやイソップのお話から、「夏は人を自由で開放的な気分にさせ」、「人は暑いと服を脱ぎたくなる」のは気のせいではないということがおわかりいただけたと思います。

シーズン限定「夏男」登場!

さて、そんな開放的な気分の夏には、「秋冬は一体どこに棲息していたのか!?」、と思わせるような夏男、つまり、自由で開放的な笑顔が素敵な、焼けた肌にあつらえた夏のシャツが憎いぐらいマッチしているメンズがそこここに出没します。

そこが湘南なのかハワイなのか沖縄なのか南フランスなのか、あるいはご近所なのかは、あなたのライフスタイル・夏のバカンスの過ごし方によりますネ。そんなメンズと出会うと、こちらもちょっと冒険してみたくなるのはあたりまえ。…ていうか、そういう出会いを求めてここまで来てるんだもーん。わかります、わかります。

だけどちょっと待って!そんな冒険チックなロケーション、あなたのほうもかなり露出度高いファッションをしてるはず。そう、いつもの仕事や通学時とは違う自分を演じてみたくなってるはず。言い換えれば、お互い、カレもあなたも、真実の姿より、ちょっとはじけちゃっているわけです。

ですから彼らも、いつもとは違うあなたに、いや、あなたの露出している肌に引き寄せられているだけかもしれないですから!

もちろん、それこそが夏コイの醍醐味なんですが、相手もこちらも、「非日常を味わいたいモード」になっている、ということを、「もうひとりのあなた」は冷静に自覚しておきましょうね!

「マイナス2歩」の視線がカギ!

もちろん、旅先や遊びに行った先で運命的な出会い、普段の生活では出会うことのないようなメンズとの「本当の出会い」もあるかもしれません。その際、気をつけることは、「マイナス2歩の視線」を持つこと!

夏の雰囲気のせいか舞いあがって、何でも良く見えちゃったりプラスに受け止めちゃったりしがちですから、あえてすべてのこと、彼のルックスから話の内容に至るまで…を、マイナス2ぐらい差し引いた感覚でみるのが、実は、「いつものあなたの視線」だと思ってちょうどいいのです!

おわりに…

さて以上のことをまとめると…。
- 1:夏に自由で開放的で服を脱ぎたくなるのは万人共通
- 2:夏には休暇がある、それゆえ夏は人を非日常的な気分にさせる
- 3:非日常的な冒険をしたくなるのは男女お互い様、それは真実の姿をくらませる!
- 4:上記のことを冷静に自覚すべし!
- 5:サマータイムのラブな現象には、全て「マイナス2歩の視線」をもってちょうどいい!

ということですね!夏のバカンス、セクシーなファションでキメたチャーミングなあなたが、実はこーんな知的な分析をしていたら、もうコワいものはないですネ。見た目セクシー、内面知的で、本物のナイスガイをゲットできること期待しちゃいましょ!

(Photo by http://www.ashinari.com/2009/08/11-026052.php?category=17)

この記事で使われている画像一覧

  • 20110613175130

本記事は、2011年06月13日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る