\ フォローしてね /

特徴をつかんで!ネコをそれっぽく描くポイント

ネコは好きですか?私は大好きです。なんですって、好きじゃない?ならば、まずはこれを見てメロメロにされてくださいね。

はい、いい具合にねこ好きになりましたね?かわいいですよねネコ。こんな感じで好きになるのは簡単。でも描くのは難しいんです。なぜ難しいか?それは骨格や体のつくりが人間と違うからです。

ネコの体のつくり

ネコの体は、人間のようにまっすぐスラッとできていません。4足歩行だからという理由もあり、脚や背骨がアーチを描いたかたちになっています。また、後ろ足は常に折りたたまれた状態です。

  • 肩は人間のように横にはらず、ストンと下へ抜けます。
  • 指は短いので、足の大きさも小さくなります。
  • 下半身は皮が多い部分ですので、実際太っていなくても、丸く大きめに描くとそれっぽいです。
  • 後ろ足は関節が人間より多いように見えますが、かかとと思えばわかりやすいです。

このアタリに皮をかぶせると、こうなります。
猫は毛でもふもふしているので、その分やわらかく太めに描きます。

猫の身体を理解したら応用編

上で書いた猫のからだのつくりを応用して、座った状態の猫を描いてみます。
まずはアタリをとって…

そこに皮をかぶせ、

適当に毛をもふもふさせて、(もふもふさせすぎに注意。毛並みがそろってる猫なら、頬の下と手足の下、お腹あたりをもふもふすればOKです。)
色を塗れば完成!

色や模様は個体差があるので、検索サイトなどで調べて参考にしましょう。よく知らない模様を資料なしで描くと「?」なことになるので注意!

姿は色々(もちろん性格も色々)

猫も犬と同じで、種類による個体差が大きい生き物です。
たとえばマンチカン。足が短く、おとなになってもポテポテと動きます。

たとえばスフィンクス。毛が無く、皮膚がしわしわしています。うぶ毛は生えています。顔がこわいのですが、温厚な性格のようです。

他にもスコティッシュフォールドやヒマラヤンなど、犬にまけないぐらい個性的な猫がたくさんいます。猫によって描き方もさまざまなので、色んな猫を描いて楽しんでみましょう。

描くために知って、知って好きになろう!

描くのに大事なことは、まずそのもののつくりを知ることです。そしてうまく描けるようになるには、模写をするのが一番です。

どうやって描いたらいいだろう?ここはどうなってるんだろう?そんなことを考えて試行錯誤しながら描くと、よりいっそう描くのが楽しくなりますよ。猫は見ているだけでもかわいいですしね。

色々と調べて、研究してみましょう。

Twitterで紹介!

(image by PIXTA)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。