生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 夫婦の話し合いの場がスムーズになる、小さな心構え

夫婦の話し合いの場がスムーズになる、小さな心構え

2012年07月25日更新

 views

お気に入り

はじめに

夫婦で、なにか決め事や相談事があると「話し合い」の場がもたれますよね。そこで、よくケンカになることはありませんか?また、「なぜ、あの人はわかってくれないのだろう」と思うことはありませんか?

そんな時に、相手の言い分がよくわかり、さらに、自分の言い分がしっかり伝わる、一言「あなたはそう感じるのね」をご紹介します。

そもそもわかりあえない2人だと考える

異なる家庭環境で生まれ育った2人が縁あって、夫婦になりますが、その文化差に驚くことは少なくありません。

異なった躾や教育を受けたのですから、違った考え方、感じ方をするのは当然ですよね。

それぞれの個性を持つ2人が、互いに歩み寄り、快適に暮すための「話し合いの場」だと考えて、臨みましょう。

 違和感を感じたら「あなたはそう感じる人なのね」と伝える

話し合いを進めて行く中で、「あれ?」と思う瞬間は多々有ります。その時に、

あなたの考え方はおかしい!

と言うのと

あなたはそう感じるのね。一方で、私はこう考えている

と言うのでは、雲泥の差です。話し合いの泥沼化を招きます。

相手の感じ方、考え方を受け止めた上で、自分の感じ方、考え方を伝えましょう。

自分の中で、咀嚼するのではなく、言葉にして、相手に伝えましょう。

 コントロールしようとしない

もともと自分が持っている答えを、相手が言わなかった時に、癇癪を起こしていませんか?

つまり、自分の答えを相手に押し付けようとしていませんか?

知らず知らずのうちに、主導権を握ることが目的になっていたり、不満が怒りに直結して、話し合いの解決を道程を自ら壊している時があります。

話し合いの着地地点は、お互いが納得する答えを導き出すことです。目的を見失わないようにしましょう。

おわりに

いかがでしたか?

自分のこれまでの話し合いの場を振り返ってみて、はっとすることはありませんでしたか?

次からの話し合いの場に役立ててみてください!

本記事は、2012年07月25日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る