生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 「パイレーツ・オブ・カリビアン」ってどんな映画?4作目からでも付いていくための基礎知識

「パイレーツ・オブ・カリビアン」ってどんな映画?4作目からでも付いていくための基礎知識

2011年05月26日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

(写真は雑誌「ぴあ」広告ページより)

「パイレーツ・オブ・カリビアン」は、ディズニーランドのアトラクション「カリブの海賊」をベースとして製作された冒険ファンタジー映画です。

2003年に1作目の「呪われた海賊たち」が公開、2006年に2作目の「デッドマンズ・チェスト」、続いて翌年には「ワールド・エンド」が公開され、いずれも高い興行成績を収めています。

世界中を興奮させる「パイレーツ・オブ・カリビアン」の魅力とは、どういう物なのでしょうか。

ここでは「パイレーツ・オブ・カリビアン」の魅力と、2011年5月に、4年ぶりに公開された新作「生命の泉」をこれから見る方のための基礎知識をご紹介いたします。

「パイレーツ・オブ・カリビアン」の魅力とは

「パイレーツ・オブ・カリビアン」以前にも、海賊を主役とした実写映画は何本もありました。しかし、海賊たちの姿に、これほどのユーモアと夢を与えられた作品はありませんでした。

臨場感のある映像

まさに海賊と共に海を旅しているような壮大なスケールの映像には、誰しも引き込まれることでしょう。

荒れ狂う海には登場人物たちと一緒にドキドキし、穏やかな海原には目を細め、目的の島に辿りつくシーンでは緊張します。

愛すべきキャラクターたち

「パイレーツ・オブ・カリビアンを1度も見たことがない方でも、ジョニー・デップが演じるジャック・スパロウ船長はご存知なのでは・・・」と思うくらいに世界中で愛されるキャラクターとなりましたね。

いつも酒に酔ったようにフラフラし、どちらの味方なのか解らず、しかし、ピンチの時には誰よりも頼れるジャック船長は、見れば見るほど愛しくなっていくキャラクターです。

ジャック船長だけではなく、航海を共にする個性豊かな仲間たち、そして宿敵であるバルボッサ船長とジャックの絡みもまた見どころの1つです。

盛り上がる音楽

これまた、「パイレーツ・オブ・カリビアンを1度も見たことがない方でもCMなどでご存知なのでは」、と思えるあの有名なテーマ曲。

劇場いっぱいに、あのテーマ曲が鳴り響く高揚感が、そのまま作品に対する期待感となり、ずっと気持ちを盛り上げてくれます。

17世紀のクラッシックな建物や衣装、ユーモアに溢れた海賊たち、絵本のような美しい風景など、見どころがたくさんある、夢溢れる作品なのです。

知っておくと良いキャラクター

シリーズ通して登場しているのは、以下の3人だけです。

ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)

このシリーズの主人公です。いつも酒に酔ったように手をブラブラさせながら歩き、誰の味方なのか解らない行動を取り続けます。心の内を他人に見せることはありません。

ブラックパール号の船長であることが誇りであり、船を自分の物にするためには、どんな手段も厭いません。

射撃や剣の腕は相当なものであり、味方に付けば最高に素晴らしい船長です。無人島に置き去りにされても生き続ける強い運と生命力の持主でもあります。

ヘクター・バルボッサ(ジェフリー・ラッシュ)

9人の「伝説の海賊」の1人。ジャック・スパロウを騙してブラックパール号を乗っ取り、船長をしていました。

1作目では、アステカ金貨の呪いで不死身の身体を持っていたにも関わらず、ジャックによって殺され、2作目では復活して行方不明のジャックを探します。

死んだり生き返ったり忙しいだけではなく、ジャックとは騙し騙される宿敵の間柄。船長である間は常に威厳があり、ジャックよりも船長らしいと言えるかも。

ジョシャミー・ギブス(ケヴィン・マクナリー)

ブラックパール号の航海士であり、ジャックの右腕的存在。ジャックに説教も出来る唯一の部下であり、頼りになる存在です。

時間があったら見ておこう

世界観に浸るために見ておくと良いのは、1作目の「呪われた海賊たち」でしょう。これを見ておけば、ジャック船長の人となりがほぼ解ります。バルボッサ船長との確執も、この作品で語られています。

「デッドマンズ・チェスト」「ワールド・エンド」はストーリーが繋がっているので、2作目だけ見ようというわけにはいきません。予習には1作目をお薦めいたします。

おわりに

「生命の泉」前の3作品で、シリーズは完結しているので、4作目で初めて「パイレーツ・オブ・カリビアン」を見る方でもすんなり入れると思われます。

主演のジョニー・デップは、娘のために子供に愛される映画に出たいという希望で、この映画の出演を決めたといわれます。その通り、お子様連れでも充分に楽しめる作品です。

彼女を誘って、または友達同士で、ご家族で、ぜひご覧になってみて下さい。

(Photo by KUKO"雑誌「ぴあ」広告ページ")

この記事で使われている画像一覧

  • 20110524172549

本記事は、2011年05月26日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る