生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 男心が知りたい!カレの家でもモテる方法

男心が知りたい!カレの家でもモテる方法

2011年05月24日作成

 views

彼が出来たら、おうちに遊びに行くこともありますよね。お家といえどもカレの家。モテを目指す女子たるもの気を抜いちゃいけません。常に戦闘態勢でいなければいけません。

そこで筆者調査の元、家に彼女が来てやってほしいこと・やってほしくないことをまとめました。みなさん、この記事を読んで彼の家でもモテちゃってください!!

カレがやってほしいこと10選

1:ハキハキしたあいさつ

お家に入るときにハキハキしたあいさつだと第一印象抜群です。

2:親との爽やかな世間話

親との交流が出来ると男の子的には安心なようです。特にお母さんと仲良くしてくれるとホッとします。

3:手作りのお菓子を持ってきてくれる

お茶やコーヒーを淹れたときに「これ作ってきたよ」と手作りのお菓子を出してくれると、お茶やコーヒーも美味しさ倍増ですね。

4:自分のオススメのDVDを持ってきてくれる

得にすることもない時は持参してくれると助かります。あくまでも健全なものに限ります、モテ子としては!!

5:お世辞でも「お部屋綺麗~!」と言ってくれる

少しくらい片付いていなくてもお世辞の1つくらい言ってみましょう。

6:でも部屋の掃除をしてくれる

これは絶対にカレの了解を得てしましょう。地雷が埋まっている可能性があります。

7:自分の趣味(ギターなど)を飽きずに聞いてくれる

男の子は自分の趣味を聞いてくれる子に好感を持つらしいです。話はきっと長いです。でも…頑張りましょう!!

8:日頃の疲れを癒す為にマッサージ

日頃仕事やバイトで疲れた彼氏をマッサージで癒してあげましょう。癒し系女子の人気は健在です。

9:バランスの整った食事を一緒に作ってくれる

これはカレと一緒にという所がポイントです。勝手に料理をすると嫌がる男の子もいるので気を付けて!!

10:お部屋のコーディネートをしてくれる

なかなか、お部屋のインテリアって1人じゃ出来ないと思うんです。そんな時彼女が手伝ってくれると嬉しいようです。

カレがやってほしくないこと10選

1:しれ~っと挨拶なしに家にあがる

挨拶がないのは論外です。

2:家族の前でカレを呼び捨てにする

ご両親に失礼ですし、彼女が帰った後の家の冷たい雰囲気は計りしれません。

3:勝手に机の中や引き出しを開ける

危険です!!見たくないものが入っていても文句は言えませんよ。

4:許可なしにタバコを吸ったり自分の部屋化する

いくらカレでもプライベートの空間は守りましょう。寂しいですが家族ではないのですよ。

5:何も会話のネタがなく沈黙する

純粋に困ります(笑)なにか最近あった良いことや出来事を会話に盛り込みましょう。

6:家の中で方言が飛び交うことを半分バカにする

これは標準語圏の方は要注意です。確かに家に行くと(特に実家)方言がビュンビュンと飛び交います。方言…受け入れて下さいね。

7:せっかく遊びに来たのに仕事の愚痴を延々聞かされる

せっかくなので楽しい時間を過ごしたいです。愚痴を聞いてもらってはいけないという訳ではないのですが、出来るだけ楽しい話題を見つけましょう。

8:いきなり疲れたと寝る

自分の家か!!っとも突っ込めず残念な感じになります。

9:料理をしてあげると言い出し、残飯などの片づけをせず帰る

料理をしてくれるのはありがたいです。でも、本当の料理上手は片づけ上手というように散らかして帰るのはモテ子として失格ですよ。

10:部屋に飾っているこだわりのフィギアなどを「意味分からない」などと受け入れてくれない

はい、普通に悲しいです。完全に理解するとまではいかなくても、広い心で受け止めてくださいね。

おわりに

みなさん、なにか心当たりのある項目がありましたか?筆者調査によると男の子は自分の部屋ではリラックスしてもらいたいけど、あんまり立ち入られすぎるのも嫌、というなんとも面倒くさい心理があるようです。

気を使いながらも一定のプライベートスペースに踏み込まないのが一番無難なのかもしれないですね。もし、何かしてあげたいけど「大丈夫かな!?」と思う時はカレに一言「○○して良い?」と聞くと、自分の気持ちもカレに伝わりやすく、もっともっと仲良しカップルになれると思いますよ。

(Photo by http://www.ashinari.com/2009/02/19-014311.php)

この記事で使われている画像一覧

  • 20110524160629

本記事は、2011年05月24日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る