生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. つまらないことでケンカをしない夫婦(カップル)になる方法

つまらないことでケンカをしない夫婦(カップル)になる方法

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

夫婦生活において、どこかで違和感やすれ違いから不安や悩みが生まれてしまうことってありますよね。今まで他人だった男女が家族になって一緒に住むのですから、何かしら問題が起きるのは当然です。

だんだんと慣れてくると、つまらないことでケンカをするようにもなります。

では、どんなことで問題が起きるのでしょうか。原因のひとつに、お互いが持つ「ふつう」が違うから、ということが挙げられます。

それでは以下、詳しくみていきましょう。

「ふつう」はふつうじゃない!

お互いの「ふつう」がすれ違う場面はいろいろとありますが、食文化も大きく関係しています。

  • 「お雑煮のおもちってどんな形?」

と質問して、質問した人は「丸餅だよー」と返ってくると予想していたのに、

  • 「うちは、四角の切り餅だよ!」
  • 「うちはあんこ餅だよ!」

と返ってくるとします。そのときに「え・・・・ふつう丸餅でしょ!」なんて思ってしまうかもしれません。

このように、自分が「ふつう」と思っていたことが、相手にとっては、ふつうじゃないこと、果ては、「信じられない事」に成り得るときがあるのです。

「ふつうじゃない!」を受け入れよう

自分が当然だと思っていたことが、相手にとっては相容れないものになっていることは、たびたびあります。

今回ご紹介するのは、そんな時につかえる1つの解決方法です。

STEP1 プラスの発想で考えてみる

今日も昨日も使った、同じタオルが置かれている時、

「洗濯を怠けて、タオルを洗ってないな…」と思ってしまうのではなく、

「これは、もしかして、何かルールや意図があるのかな」と考えてみましょう。

  • 「体調が悪くて、洗濯できなかったのかな」
  • 「もしかして、僕の当番だったけ?」
  • 「洗濯は毎日しないのかな」

相手にとってマイナスの感情で考えるのではなく、プラスの感情で考えてみましょう。

STEP2 違和感を確認してみる

育った家庭のルールを、人はみんな引き継いで暮らしているものです。相手の価値観や、感覚は自分とは異なっていると言う前提で会話をしてみましょう。

  • 男 「なんでタオルを毎日洗濯してくれないの?」
  • 女 「タオルは乾かして何日か使いまわすものでしょう?」
  • 男 「そうなんだ!僕は、毎日清潔なタオルを使いたいから毎日洗いたいのだけど、可能かな?」

相手との文化差、感覚差を受け入れた上で、自分の状況を提案してみましょう。

おわりに

異なる家庭で、異なる環境で育った2人には、ふつうという言葉は存在しません。

これから、2人で2人の「ふつう」を作っていきましょう。

photo by http://www.flickr.com/photos/psyberartist/3482018103/

この記事で使われている画像一覧

  • 20110124210845

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る