生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon childcare育児・教育

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 小さな子供と寝る前に寝室で遊ぶ方法

小さな子供と寝る前に寝室で遊ぶ方法

2012年10月11日更新

 views

お気に入り

はじめに

我が家では「寝室はねむるところ」という位置付けをしているので、テレビなどは置いていません。あるのは本当にお布団と絵本だけです。

子供たちの眠る前のお楽しみとして、絵本の読み聞かせと、お布団のマット運動があります。「お布団のマット運動」とは、敷き布団をマットに見立ててでんぐり返しといったちょっとしたお遊びのこと。

今回は小さな子供でも危なくない「お布団マット運動」を紹介したいと思います。

マット1 「おいもさんころころ」1歳~2歳まで

まず、子供を寝かせます。そしてママが “お~いもさ~ん♪ コロコロ♪”と歌いながら子供を横にころがしていきます。
シンプルですが、子供はけっこう喜びます。

マット2 「でんぐりがえし」 3歳以上

でんぐりがえしは前転のこと。まずはママがお手本をみせてあげましょう。我が家の次男もでんぐり返しが大好きです。

マット3 「さかだちもどき」 3歳以上

まずはママがふつうに抱っこします。それから子供の背中に手をしっかりと添え、後ろにそらせます。そしてそのままゆ~っつくりと、子供の手が地面(布団)につくように逆立ちさせていきます。
子供の手がついたら、そのままお布団に着地させてください。

マット4 「移動ごっこ」 3歳以上

(我が家は布団を3枚敷いているのですが)それぞれの布団を離します。布団から布団にジャンプして移動するゲームです。布団以外は「海」という設定で落ちたら負け! (クッションなどでも代用できます)

注意点

  • 3歳くらいになるまでは、ケガをしやすいので十分に気をつけてやるようにしてくださいね。
  • けっこう下階に響くので、マンションや集合住宅にお住まいの場合はやらない方が無難です。
  • 年齢はうちの子供を参考にして、私独自で勝手につけました。個人差があるので子供が怖がるようならやめておきましょう。
  • 敷き布団の上でやってください。あばれると目に見えないホコリが舞うので喘息の子供には不向きです。

おわりに

いかがでしたでしょうか? 

子供はとにかく暴れるのが大好き! うちには男の子が2人いるのですが、寝る前に時間があるときは子供達のほうから「今日は運動してもいい?」と嬉しそうに聞いてくるほどです。

ただ、これらのマット運動が終わった後はお布団のシーツがとてもグチャグチャになります。グチャグチャになるのが嫌なら最初からやめておいた方がママの精神衛生上良いでしょう(笑)

小学校に入ったら、体育の授業でホンモノのマット運動もありますよね。その準備としてもオススメです。

本記事は、2012年10月11日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る