生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. リビング、各部屋、廊下の掃除の仕方

リビング、各部屋、廊下の掃除の仕方

2013年03月08日更新

 views

お気に入り

はじめに

今回はリビング、各部屋、廊下のお掃除の仕方をご紹介したいと思います。
リビングやダイニングはなんと言っても埃の除去がメインです。

美しく仕上げるためには、面倒でも小物の移動や備品を軽く拭くことが重要となります。

使用用具

  • クロス
  • サッシブラシ

作業手順

  • カーテンと窓を開け、風通しをよくしておく。(カーテンは束ねておく)
  • 掃除機のヘッドが汚れていないかを確認し、埃や毛が多く詰まっていたら雑巾かブラシで取り除く。
  • 掃除機のパックを確認する
  • ダイニング用椅子は、可能であれば机の上に載せておく。

見落としがちなポイント

チェックしましょう!

  • 椅子の足についたゴミを取りましたか?

作業手順(ベッド編)

ベッドメイク

  • シーツ交換をする場合

1:シーツ、布団カバーを外し、新しいものにつけかえる
2:古いシーツ、布団カバーはお客様の指示に従って処理する

  • シーツ交換が無い場合

1:布団をベランダではたき、埃を落とす
2:布団、毛布などを元に戻す

注意事項

  • ベッドメイク、シーツ交換がある場合は埃が舞う為、部屋を掃除する前に行いましょう。

チェックしましょう!

  • 布団の裏表、上下を確認して交換しましたか?
  • シーツを外した後、布団に付いたゴミをとってから、新しいものを付けましたか?

作業手順(片付け)

  • 床やテーブルにある、ごみをゴミ箱に捨てる。(捨てる物か迷った場合は捨てないでおくこと!)
  • 床やテーブルの上に散らかっている雑誌、新聞、書類など

は分類し、一箇所にまとめておく。

  • 掃除に邪魔になりそうな小物類を廊下や机の上に移動する
  • 小物や本などを定位置に戻し、整理整頓をする。

チェックしましょう!

  • 雑誌、書類、小物など、同類・同向そろえ、置きましたか?
  • 移動した小物などを定位置に置きましたか?
  • 必要と思われるものを捨ててはいませんか?

作業手順

その1:小さなカーペット、絨毯、マットなどはベランダではたくか、両面を掃除機をかける。

その2:固く絞った水拭きの雑巾、またはエレクトロンで下記部分のダスティングを行う。

  • 棚、家具
  • テレビ等電化製品
  • 窓枠
  • ドア
  • 立ち上げ、鴨居
  • スイッチ周り
  • 椅子の足の裏

注意事項

  • ダスティングは必ず上から下へと行う
  • ピアノや漆塗りの家具などは水拭きはしない
  • 棚やテレビの上に小物がある場合はこれをどかした後にダスティングを行う。

チェックしましょう!

  • 棚、家具の上などの埃を取り除きましたか?
  • 家具などに拭き後は残っていませんか?(乾拭きをしましたか?)

作業手順(掃除機がけ)

  • 部屋の奥から掃除機がけを行う
  • 掃除機は2㎡程度の場所を決めて、かけ漏れが無いようにゆっくりとかける。
  • 掃除機のタイプによって押す時に吸い込む物と、引く時に吸い込む物がある。

作業手順

  • 固く絞ったクロスで床を拭く。ダイニングテーブルの下などは汚れやすいので、ベタつきや汚れがある部分は念入りに拭く。
  • フローリングの場合、フロア目にゴミが詰まっている場合があるので、見つけた場合はブラシなどでかき出した後に拭く。
  • 拭き残しが無いことを確認する

チェックしましょう!

  • 拭き残しがなくふきましたか?
  • 床の隅はきれいにふきましたか?
  • はばきもきちんと拭きましたか?

注意事項

べたつく部分があるかどうかは、必ず手で確認しましょう。

おわりに

いかがでしたか?お部屋もお掃除すると結構いろいろなことをしなくてはいけなくて大変ですが、一度始めれば一気にいけちゃいますよ♪LET'S CLEANING♪

この記事で使われている画像一覧

  • 20100616190901

本記事は、2013年03月08日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る