生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. あなたの彼・夫に好意がある女友達を撃退する方法

あなたの彼・夫に好意がある女友達を撃退する方法

2011年05月11日作成

 views

「私って存在が居るのに?どうして・・・」なんて思う、彼や夫にまとわりつく女友達。彼とは喧嘩したくないけど、どうにか離れて欲しいこの関係。
そんなあなたへとっておきの彼・夫の嫌な女友達を撃退する方法を伝授します。

こちらもチェック!
[nanapi:1909]
[nanapi:7342]
[nanapi:5002]

目次

女友達があなたの彼・夫にどのくらい気があるのかを調べてみる

いきなり彼・夫の携帯電話でメールや着信履歴などをこそこそ見るのはタブーです。

まずは、電話がどれくらいの頻度でかかってくるのか?また、そばで耳を潜めて二人の電話の内容を聞いて見てください。

彼・夫の受け答えの内容も聞き逃さず、女の勘を働かせてみてください。彼・夫の女友達への喋り方なども要チェックです。

また、彼・夫が電話を切った時に「何かあったの?」と何気なく深入りしない雰囲気を装って聞いて見てください。

まずは、言葉には出さずにあなたの気持ちを彼・夫に伝えてみよう

彼・夫に長電話、頻度のメールなどする女友達を良く思えないのが女心です。

しかし、正面向かって彼・夫に「嫌なの…」なんて言っても分かってくれないのが大部分です。それはかえって逆効果であなたを「友達への理解が無い」なんて言われるのがオチです。

そんな時は、電話でメールや話をしている彼・夫のそばで目で語りかけてみてください。「私と一緒に居るんだから…。」と甘えた顔や「緊急なの?」って不安げな顔をしてみたりして下さい。

言葉で言うよりもソフトですが彼・夫の心には届きます。その女友達の事が嫌だということよりも二人の時間を邪魔されたくないと言う気持ちに置き換えて伝えてみるの方が事が荒立たないのでいいかもしれません。

言葉で言うと喧嘩や言い合いなる可能性が高いので気をつけてください。

彼・夫が女友達の事を警戒した場合はあなたの本心を伝えてみよう

下手に強がるよりも「私の気持ちを分かって欲しい」と伝えましょう。

「あなたの事はもちろん信じてるけど、女としてやっぱり…いい気分じゃないの。」と自分の気持だけを伝えるのがポイントです。彼・夫にはその女友達との関係を疑っているような気持ちがない事は、しっかり伝えましょう。

二人の関係を疑っていてもこの段階で認める男性はいませんので控えておきましょう。

この時に「あの人と電話はやめてね。」「相手は私の気持ちを分かってるの?」など、彼・夫を非難や忠告する内容では相手に喧嘩を売っているようなものなので気をつけましょう。

意外とあなたのその言葉で気づかされる男性も多いと思います。プライドの高い男性の場合はすぐには納得してくれなくても、余計な電話やメールを控えてくれるきっかけになると思います。

女友達を家に呼んだり、お食事に彼・夫と誘ってみよう

彼・夫とあなたの関係を目で見てもらうのが一番の方法です。

彼・夫に警戒されない程度に、何気なくその女友達を他の友達と一緒に交えて誘ってみましょう。

あなたにしか見せない彼・夫の姿を見せるのが一番効果的なので二人で何かをしてみるのもいいですね。

その女友達と彼・夫を疑うような目線は相手の思う壺なので気をつけて下さい。

女友達にも彼女・妻の立場として親しく接してみましょう。

「彼・夫と仲良くしてくれてありがとう!」を「息子と~」と置き換えるぐらいの大きな気持ちで余裕を見せてください。相手の女性との間にあなたと彼・夫を含めて一線をしっかり引いた上で、本心ではなくて、その場だけでも仲良く接してみましょう。

そして、彼・夫の仲の良さを見せつけるだけでは、彼・夫や女友達にもあなたの本心は見抜かれてしまいますので、あなたの威厳と誇りをもって振舞ってください。

おわりに

男性にとっては、たとえ彼女や妻が居ても女友達が自分に好意があれば嬉しいものです。自分にはその気はなくても冷たくできないのが男心です。

彼女・妻の立場になればその姿は腹立たしいもの。しかし、二人の関係を邪魔するわけでもなく、ただ目障りなのが女友達なのです。

その男女の気持ちのすれ違いを埋めるのはとても難しいですが、あなたの怒りの矛先をどこにも見せずに冷静に行動するのが成功の鍵だと思います。

イライラ一人で悩むより行動に出てみましょう!

こちらもチェック!
[nanapi:1909]
[nanapi:7342]
[nanapi:5002]

(Photo:by足成

この記事で使われている画像一覧

  • 20110510225846

本記事は、2011年05月11日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る