生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 男性に「この人と結婚したい」と思わせるには?

男性に「この人と結婚したい」と思わせるには?

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

結婚したい――。

誰でも一度はそう思った経験があるのではないでしょうか。

でも、女の自分からそう言うのはかなり気が引ける…。男性からプロポーズをしてくれないと、やはり難しいところがあります。

「彼氏、なかなかプロポーズしてくれないんだけど…」

「なんか最近冷めてきたのかな…?」

と女子会で愚痴をこぼしているそこの貴女に、とっておきのコツをお教えします。この方法は、今彼氏がいないフリーな女性にも使えます。

つまり、女性にとって会得しておいて損はない方法なのです。

デキる女をアピールできるシチュエーション

  • 「お腹空いたな、なんか作ってよ」
  • (仕事から帰ってきて)「ごはんは食べてきたけど、ちょっとお酒飲みたいな。おつまみある?」

この2つの状況がポイントになります。つまり、“男性からの無茶ぶり”が飛んできたシチュエーションです。

ここで、あたふたせずにデキる女をアピールしましょう。ポイントはそれだけです。これで、男性はグッとくるはずです。

料理のできる女性にオトコは弱い!

もう同棲している方もいらっしゃるかも知れませんが、結婚するとほぼすべての夫婦が一緒に生活をします。

そこでの食事は欠かせないもの。料理ができなくてはいけない、とまではいきませんが、料理ができる女性に男性は必ずといっていいほど好意を抱きます。

冷蔵庫の残り物で!

ここで、近くのスーパーやコンビニに走ってはいけません。必ず冷蔵庫の残り物で料理を作りましょう。

できれば、野菜と肉を使った料理が好ましいです。ヘルシー感を出しつつ、でも旨さはあるという料理がいいでしょう。

これで男性も「おいしい!しかもオレの健康のことを気にしてくれてるのかな…」と、感心するに違いありません。

例えば、餃子を作ったときになぜか余ってしまう具や、チャプチェなどの残り物で、こんなレシピもつくることができます。

「冷蔵庫の残り物でサッと料理を作る」ことの意味

これまでにご紹介したメリットだけでなく、その奥には“限られた条件、制約の中でも充分にやりくりする能力がある”ということが考えられます。

つまり、たとえ男性自身の収入が低かったり何かのハードルがあったりしたとしても、それを乗り越えていけるのです。

また、残り物という“わずかなチャンス”をフルに活かし、おいしい料理という“良い結果”を残すことができるというのも、きっとポイントが高いはずです。

おわりに

いかがでしたか?結婚したい、とだけ願ってもなかなかできません。そこには様々な制約が存在します。

でも、それを二人でなら、この女性となら乗り越えられると男性に思わせることで、希望が見えるはずです。

そんな女性、素敵じゃありませんか。

さあ、冷蔵庫を開いて、この食材からどんな料理が作れるか、考えてみてはいかがでしょうか。

(Photo by 足成
(Photo by 足成

この記事で使われている画像一覧

  • 20110509044541
  • 20110509051701

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る