生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. ガラス・鏡の拭き方

ガラス・鏡の拭き方

2013年03月08日更新

 views

お気に入り

はじめに

今回はガラス・鏡の磨き方をご紹介したいと思います。

ガラス・鏡の磨き方

事前準備

  • カーテンを束ねる。束ね具が無い場合は、軽く縛っても良い。

基本動作

その1.内側

  • 窓の内側から拭く。内側は汚れが少ないので、洗剤をつけずに水拭きをした後、空拭きを行う。
  • ㎡程度の四角を意識して、隅を拭いた後に中を弧を描くようにして上から下へ拭いていく。

2.外側

  • 内側が終わったら外側を磨く。外側は汚れが強いので、水拭きで取れない汚れをガラス用洗剤を拭き、その後、水拭き、空拭きを行う。
  • 空拭き用雑巾は必ず乾いたものを使う。少しでも濡れていると、拭き残しが出来る。
  • スクイジー(窓ガラス清掃用の道具で、車のワイパーみたいなもの)を使う場合

  • 大きな窓の場合はスクイジーを使う。液剤が床にたれるので、内側には使わない。
  • 窓に洗剤を拭きかけて、スクイジーを窓の枠に合わせて端まで切るようにして横に動かす。
  • 最後に右の窓枠にあわせて、縦方向に動かす。
  • 一回ごとにスクイジーに付いた液剤をクロスでふき取る。
  • 液剤が窓の下にたれるので、たれた液剤はクロスでふき取る。

3.確認
両面を磨いた後、内側・外側ともにしたから覗き込むようにして拭き残しが無いかを確認する。

ポイント

  • 内側の窓が汚れていない場合は、空拭きのみ行う。

おわりに

いかがでしたか?まどもしっかり拭けば外がきっと明るく見えるようになりますよ♪

この記事で使われている画像一覧

  • 20100616174734

本記事は、2013年03月08日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る