生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 初デートだけで終わらない!リピートされるオトコになる方法

初デートだけで終わらない!リピートされるオトコになる方法

2011年05月05日作成

 views

すこし気になる女の子との初めてのデートって、そわそわしますよね。会う前もその最中も、舞い上がってしまうことは間違いなし。

しかし、そこで“イイ自分”を見せようとして、「違う方向」へ向かってしまったり、緊張し過ぎてまったく気配りできなかったり、と悪いことになってしまっては、次のデートにつながりません。

今回は、初デートを成功させ「リピートされる可能性を上げる」テクについて、「すべき行動」・「しない方が良い行動」の、大きく2つに分けて説明します。

進んでしたい行動〜ごはん編〜

ドリンクオーダーの主導権を握る

相手のグラスが空になる前に「次、何飲む?」と訊きましょう。そしてお店の人を呼びます。

ベストは女の子の飲み物を訊いて、一緒にオーダーしてあげること。それができなければ、女の子へ「先どうぞ」という感じで先に注文させてあげること。

また、お酒に弱い女の子であれば、2杯目から気遣ってあげること。「次もお酒で大丈夫? 無理しないでね」と一言かけてみることでポイントUPです。

最低なのは、相手のグラスの空きにも気付かず、店員も呼ばず、逆に女の子から「次、何飲む?」と訊かれ、店員も呼んでもらうというパターン。

リアルに「気が利かないオトコ」と思われて終わります。最低限コレだけは死守です。

デザート

甘いもの好きな女の子は多いです。ただ、夜飲んだときなどは時間も時間なので、甘いものを控えている子もいるでしょう。

それでも一応、ひとしきり飲んだ後に「最後にデザート食べる?」と訊いてみること。訊かれて嬉しい女の子は多いです。

言い出しにくい場合もあるのです。「デザート食べたい」と言うのが恥ずかしい、という時もあるのです。そんな時、相手から訊いてもらえると、とても楽な気持ちになります。

それができれば「女ゴコロ、ちょっと分かってる人かも」という印象を残せます。大事なのは「女の子寄りな面」というか、若干中性的なイメージを与えること。中性的な要素を持ったオトコはモテます。

ダメ行動パターン〜会話編〜

妙な自慢をする

「自慢をしないこと」という注意はよく目にすると思います。そこでいう自慢とは「俺って〜なんだよね」というアホっぽい「俺系の自慢」です。言わずもがなという感じですが、それはもちろんすべきではありません。

ここで言う「妙な自慢」とは、「俺系の自慢」ではなく「俺は〜と仲良いんだよね」などという「人脈系の自慢」です。

「俺、××さんと仲良くてねー。あの人ちょーイイ人だよね」という話をされ、実際××さんに話したところ「別にイイ人扱いされるほど、僕とその人は仲良くないよ」と聞いたことがあります。まさに「興醒め」です。

仲良しだろうと、そうでなかろうと、そんなことはどうでもいいのです。そもそもそんなことを強調する時点で、とてもダサい。

サラりと言うくらいで十分なのです。実際本当に仲が良ければ、その場でしつこく話さなくても、何かしらのかたちで目にしたり、耳にしたりするものですから。

イラっとくる返しをする

女の子に「××君は休みの日に何してるの?」と訊かれるとします。あなたはどう返しますか?

以下、回答例です。あなたはどのタイプでしょうか。

  • A「家事したり飲みに行ったりしてるよ。●●ちゃんは?」(バランス良型)
  • B「家事したり飲みに行ったりしてるよ」(相手に興味ない型)
  • C「家事したり飲みに行ったりじゃない?」(何その「俺のこと分かってるだろ?」押し付け型。うざいです)

さて、どれが模範解答かというと、見ての通り「A」です。自分は休日にどうしているか、という質問の答えが普通にあり、さらに相手にも質問を返しています。これがベストです。

次に「相手に興味ない型」のB。本当に相手に興味がなければ、この返しで仕方がないといえるかも知れません。

さて、最後に「C」ですが、これは最悪です。口癖となっている人は改めましょう。「あなたはどう?」と相手から「相手が分からないこと」を訊かれるわけです。それに対して「〜じゃない?」と若干押し付け気味に答えられると、どんな気持ちがするでしょう。

「あなたのこと分からないから訊いてる、っていう話なんですけど…」、「押し付けられても…。ていうか、そんなの知らねーよ」となること確実。せめて「〜じゃない?」系ではなく「〜だよ」系で止めましょう。感じ悪いです、かなり。

おわりに

ほんのすこしの心がけで、相手に「おっ」と思われたり、印象が悪くなったりします。最低限のことをクリアして、相手のことを楽しませる努力をしていれば、自然と2回、3回と「リピート」されるものです。

好きな人からリピートされることを目指して、がんばりましょう!

(Photo by http://www.ashinari.com/2008/05/01-004342.php?category=48)

この記事で使われている画像一覧

  • 20110505201845

本記事は、2011年05月05日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る