生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 自分が今を生きていく上で、本当に何がしたいか何をやりたいかを知る方法

自分が今を生きていく上で、本当に何がしたいか何をやりたいかを知る方法

2013年12月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

自分がそうなんですが、漠然と何かを成し遂げたいと思っているけれども、実際は何がしたいか良く分からない、という方は就職活動中の学生さんを含め、結構たくさんいると思います。

そんな方たちが、今本当は何がしたいのか、そのために何をすべきなのかを見つける方法を書きたいと思います。

余命3年の注射を自分に打つ

実際に打つわけではないですし、ものすごく極端な例ではありますが、本を読んだり、人から聞いたり、ネットなどで調べた結果、この方法が一番効果的だと思いました。

なぜこの方法が効果的なのか

人間は色々なしがらみに左右されながら、生きていることだと思います。それが人によっては、親の期待だったり、自分のプライドだったり、コンプレックスだったり、お金だったりするのかもしれません。

そんな様々なしがらみをとっぱらうのに最も重要なのが、たった一つしかない自分の命に期限を設けることです。この縛りを設けることで、今まで散々悩んでいたはずの、自分がその生涯で達成したいと思っている事項が、びっくりするほどあっさりと浮かんでくるはずです。

ちなみに自分の場合は

自分にとって最終的にやりたい、成し遂げたいことは、「自分が信頼できる仲間たちと一緒に、一つの目標に向かって、後世に残るような何かを残すこと」だということが分かりました。

さいごに

何と言っても一度っきりしかないこの人生、出来る限り後悔しないように生きていきたいと思うのは、みんな一緒だと思います。

なので、現在、就職活動中の学生さんや、将来何がしたいかイマイチよく見えないフリーターさん、そして既に働いているものの、今後どうして生きていけばいいか分からなくなっている方は、是非一度この考え方を試してみてください!

就活中であれば、志望動機もより深いものにできるかと思います。

(Photo by http://www.flickr.com/photos/huge09/4276632202/)

この記事で使われている画像一覧

  • 20100616144259

本記事は、2013年12月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る