生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. コパ・アメリカ(サッカー南米選手権)の基礎知識

コパ・アメリカ(サッカー南米選手権)の基礎知識

2011年04月24日作成

 views

日本代表は不参加になってしまいました…!!

2011年7月にアルゼンチンで開催されるサッカー南米選手権、コパ・アメリカ。

われらが日本代表も出場する予定でしたが、結局、十分なメンバーを揃えることができない見通しとなり、今大会の不参加が決定しました。

ただ、一連の報道などを通してはじめてコパ・アメリカの名前を聞いた方も多いと思われます。そこで-

  • そもそもコパ・アメリカって何?
  • 南米の大会なのになぜ日本が出場する予定だったの?
  • 出場するとどうなるの?

このレシピでは、そんな素朴なギモンをわかりやすく解説していきます。

目次

コパ・アメリカって何?

コパ・アメリカ(Copa América)とは、南米サッカー連盟が主催する、国別の代表チームによるサッカーの大会です。

簡単にたとえると、2011年1月に日本が優勝したアジアカップの南米版がコパ・アメリカです。アジアカップがアジアNo.1の国を決める大会なら、コパ・アメリカは南米No.1を決める大会というわけです。

いつ頃から始まったの?

今回はじめて名前を聞いた方も多いと思いますが、コパ・アメリカの歴史はとても古く、ワールドカップ(1930年)より前の1916年に第1回大会が開催され、2011年アルゼンチン大会で43回を数える由緒ある大会です。

開催される周期は一定ではなく、これまで何回か変更されていますが、原則4年周期で開催されるようです。

なぜ日本代表が出場する予定だったの?

多くの方が疑問に思うのがここです。

「どうして南米の大会に日本代表が出場することになっていたの?」

これは、コパ・アメリカが招待制を採用しているからなんです。

南米サッカー連盟に加盟しているのは10か国。これに招待国2か国を加えた計12か国で大会を行う方式が1993年エクアドル大会から採用されています。

ただし、基本的には南米と地理的に近い北中米からの招待が多く、これまで北中米以外から招待されたのは1999年パラグアイ大会の日本だけ。これは「歴史的に南米と関係が深い」ということが理由のひとつですが、「呼んでも差し支えない強さである」、「放映権料が目当て」ということも言われているようです。

南米サッカー連盟加盟国:アルゼンチン、ウルグアイ、エクアドル、コロンビア、チリ、パラグアイ、ブラジル、ベネズエラ、ペルー、ボリビア(50音順)

日本代表が不参加となってしまったのはなぜ?

今回、日本代表が出場を辞退することになった背景には、「日本が招待国だから」というのが大きく影響しているようです。

コパ・アメリカの開催時期、日本のJリーグでは震災の影響で後ろ倒しになった試合が集中的に開催されることになっています。
一方、欧州ではこの時期、選手たちは来たるべき次のシーズンに向けてのお休み期間。

こういった時期に、"招待国"の日本代表にわざわざ選手たちを貸し出すわけにはいかん、というクラブが多く、十分なメンバーを集めることができませんでした。

出場したらどうなっていたの?

まず確実に言えるのは、 代表チームの強化につながるということです。

2010年のワールドカップや2011年のアジアカップを見てもわかるように、真剣勝負を重ねることでチームはまとまり、強くなります。欧州と同じくらいサッカーが盛んな南米で一番を決める大会ですから、当然すべてのチームが国の名誉をかけて本気でぶつかってきます

世界的な強豪であるアルゼンチンやブラジル、曲者ぞろいの南米の代表チームとガチンコでぶつかれる機会はそう多くないため、貴重なチャンスなのです!

2011年アルゼンチン大会について

開催期間

2011年7月1日~7月24日

大会形式

まず、南米サッカー連盟加盟10か国と、招待国2か国(日本、メキシコ)を合わせた計12チームを4チームずつ3グループに分けて総当たりのリーグ戦を行います。

各グループの1位と2位に加え、各グループ3位の中で成績順に上位2チームの計8チームが決勝トーナメントに進出し、優勝を争います。

参加チーム

  • グループA:アルゼンチン、ボリビア、日本、コロンビア
  • グループB:ブラジル、パラグアイ、エクアドル、ベネズエラ
  • グループC:チリ、メキシコ、ペルー、ウルグアイ
日程表はこちら:コパ・アメリカ2011 - Wikipedia

おわりに

コパ・アメリカについてちょっぴり詳しくなれましたか?

ハイテンションな選手、ハイテンションな監督、ハイテンションなサポーター、実況までハイテンション。南米らしい、パッションあふれる感じが素敵です。

日本ではなかなか触れる機会の少ない南米サッカー。
代表の姿は見ることがかなわなくなりましたが、予定通りテレビで放送される場合は是非一度ご覧になってみてください!

関連レシピ

本記事は、2011年04月24日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る